プロフィール

 

2019年5月からブログを始めました。理系大学院修士 → 一部上場企業 → 1年で退職 → インドネシア現地採用。雑記ブログには海外生活や旅行、転職、ブラック企業、ブログ運営など、様々なジャンルで記事を書いています。最高月間PVは28,973、月間収益は5桁達成。将来の夢は、南の島でのんびり生きていくことです。

 

プロフィールの詳細

お問い合わせ

プライバシーポリシー

インドネシア 旅行 海外

【インドネシア旅行記】バリ島5日目|ウルワツ寺院・ガルーダウィスヌクンチャナ・ドリームランドビーチ

 

本記事は、下の記事のつづきです。

 

 

こんにちは、Tatsu04a(@tatsu04a)です。

2020年12月24日(木)〜2021年1月3日(日)まで、インドネシアでは多くの人が年末年始休暇に入りました。

コロナ禍ではありますが、僕も24日から1日まで、8泊9日のジョグジャカルタ・バリ島の旅に出かけることにしました。

 

Tatsu04a
インドネシア旅行記として、旅の思い出を綴っていきます。ジョグジャカルタ・バリ島の観光に興味のある方の参考になれば嬉しいです。また、旅行しにくい今だからこそ、少しでも旅行気分を味わっていただければ嬉しいです

 

本日(31日)、バリ島5日目のスケジュールは、こんな感じです。

昨日に引き続き、カーチャーターで日本語ガイドさんと移動できるので、とても快適です😊 → 利用した会社:ばり歩き

 

・レギャンビーチ(Legian Beach)・クタビーチ(Kuta Beach)

・レギャン通り(Jalan Regian)

・ガルーダ・ウィスヌ・クンチャナ(GWK)

・ドリームランドビーチ(Dreamland Beach)

・ウルワツ寺院(Pura Luhur Uluwatu)

 

 

バリ島の代表的なビーチである「レギャンビーチ」「クタビーチ」、飲食店やお土産屋さんが連なる「レギャン通り」、高さ121mを誇る巨大な像のある「ガルーダ・ウィスヌ・クンチャナ」、まったりとした雰囲気を楽しめる「ドリームランドビーチ」、美しい夕焼けとケチャックダンスで有名な、断崖絶壁に佇む「ウルワツ寺院」を観光しました。

今日はバリ島観光最終日、明日の昼にジャカルタ方面へ戻ります。最終日も美しい風景を求めて、思いっきり楽しみます😊

 

今日はカーチャーターのスケジュールを14時からにしてもらって、午前中はまったりとホテル周辺を散歩しました。

振り返ると、今回の旅行は朝から晩まで動き回ってました🚗 マッサージをはさみつつ、美しいビーチなどを見て癒やされようと思います。

ホテルの朝食を食べ終わって、まずはビーチへと向かいます!

 

レギャンビーチ(Legian Beach)・クタビーチ(Kuta Beach)

 

まず向かったのが、ホテルに一番近い レギャンビーチ(リンク先:Google Map)。

ビーチまで徒歩数分、きれいに整備されたゴミが落ちていない道路を歩きます。レストランやマッサージ店、ホテルなどが立ち並び、コロナ禍じゃなかったら賑わっていたんだろうな〜と思います。

 

 

 

 

バリ島にはいたるところに割れ門があります。

 

さあ、ついにビーチが見えてきました!白い砂浜と透き通るようなビーチ、とてもワクワクします!

 

 

あれ...なんか思ってたよりも綺麗じゃない...?

他の人の写真ではめちゃくちゃ綺麗だったのに...場所が悪かったのかと思い、このまま クタビーチ(リンク先:Google Map)まで、ビーチ沿いを歩くことにしました。

 

サーフィンのレッスンやボードの貸し出しをしているところが多数ありました。

 

基本的に人は少なかったですが、サーフィンのレッスンでしょうか。多くの人が並んでいる場所もありました。

 

クタビーチまで歩いていっても、目の前に見えるのはゴミばかり。期待していた白い砂浜とは程遠かったです。

 

後でカーチャーターのガイドさんに聞いたのですが、普段はビーチ沿いを掃除する人がいるようです。しかしコロナ禍の今、観光客が激減して手入れが追いついていないのでは...とのこと。

観光客が少ない中、いろいろな観光地に行けるのはラッキーだと思っていましたが、ビーチに関してはガッカリでした😂

ちなみに8月頃は、めちゃくちゃ綺麗な状態だったようです!まさに僕が想像していた光景が広がっています😂

 

 

タイミングがちょっと悪かったみたいです。またいつか、リベンジします!

 

Tatsu04a
ビーチからの帰り道、かわいいリスを発見しました!ビーチに面した道路沿いの壁を駆け回ってて、とてもかわいかったです!

 

 

さて、このまま歩いてレギャン通りまで向かいます。

 

レギャン通り(Jalan Regian)

 

レストランやお土産屋さん、マッサージ店などが立ち並ぶエリアです。夜はナイトスポットとしても有名で、クラブやバーが多数あります。

観光客にも人気の通りということで、早速 レギャン通り(リンク先:Google Map)まで行きました。

 

Tatsu04a
散策する前に、レギャン通りにあるマッサージで一休みします!

 

 

Yes Spa(リンク先:Google Map)というマッサージ、リーズナブルな価格で、めちゃくちゃ気持ちいいマッサージをしてくれます。店員さんも丁寧な対応をしてくれて、最高でした😊

 

マッサージの後は体力回復したので、レギャン通りをひたすら散歩します。

 

 

レギャン通りから見た路地裏。現地の人の生活が垣間見える雰囲気が良いですよね。

 

バリ島で何度も見かけたお供え物。バリ・ヒンドゥー教が人々の日常であることを物語っています。

 

寺院も数多くあります。

 

びっくりするくらい、人が歩いていませんでした。

シャッター街のような雰囲気になっていて、観光業が盛んなバリ島はコロナで深刻な影響を受けていることを実感しました。

 

さて、ちょうどお昼の時間だったので、昼食場所を探します。

かなりお店が閉まっているので、良さそうなお店を探すだけでも一苦労でした😂

うろうろしながら探してると、変なおじさんに声をかけられました。

 

 

レギャン通り近辺は夜だけでなく、昼も気をつけたほうが良さそうですね。

 

Tatsu04a
結局、昼食場所はホテルにかなり近い場所でとりました!

 

Makan Place(リンク先:Google Map)という場所で、きのこスープに野菜サラダ、ココナッツジュースをいただきました。

きのこスープは特にオススメで、クリーミーな味わいで美味しすぎました!

店員さんも「ご飯の味はどうですか?」「どこから来たの?」「インドネシアにはどれくらい住んでるの?」とフレンドリーに声をかけてくれて、楽しい昼食となりました。

 

 

昼食を食べ終わったらホテルへ戻り、カーチャーターで「ガルーダ・ウィスヌ・クンチャナ(GWK)」へ向かいます。

 

ガルーダ・ウィスヌ・クンチャナ(GWK)

 

 

高さ121mを誇る巨大な像がある ガルーダ・ウィスヌ・クンチャナ(リンク先:Google Map)。

その巨大な像は「ガルーダ・ウィスヌ・クンチャナ像」といい、28年間にもわたる建設を経て、2018年に完成しました。

バリ島には高層建築物が少ないので、ひときわ目立つ存在となっています。バリ島に来てから遠くにある高い建物はなんだろうと思っていたのですが、巨大な像だったんですね。

 

まずは入口でチケットを買いました。6万ルピア(480円)で、さらに追加でお金を払えば、ガルーダ・ウィスヌ・クンチャナ像までバスで移動できるようですが、僕は歩いて行きました。

 

不思議な岩?がむき出しで、特徴的な景観です。

 

実はこのあたりの土地、石灰岩の不毛な土地だったそうです。それが今では一大観光地ができ上がっています。

このあたりの土地を所有していた人は、お金持ちになったんだとか。

 

道中にも巨大な像があります。

 

広大な敷地をひたすら歩いていくのですが、坂道や階段もあって体力を使います。

 

この光景は本当に不思議ですね。

 

岩の間からガルーダ・ウィスヌ・クンチャナ像が見えます。インスタ映えスポットになっていました。

 

どんどん歩きます。

 

ようやく到着です!写真だと伝わりにくいのですが、真下から眺めるとめちゃくちゃ巨大なことが実感できます。

 

ガルーダ・ウィスヌ・クンチャナ像はチケットを購入すれば上まで行けるのですが、目の前で売り切れてしまいました😂

 

 

また次回への楽しみが増えました!っていうことで、ドリームランドビーチへ向かいます。

 

ドリームランドビーチ(Dreamland Beach)

 

 

プライベートビーチかのように、ひっそりと佇むドリームランドビーチ(リンク先:Google map)。

入場料(駐車料金)2万ルピア(160円)を支払い、お土産屋さんが並ぶ通路を抜けると、美しいビーチが顔を見せてくれます。

 

 

ビーチパラソルの下で、まったりくつろぐ人も多かったです。

 

白い砂浜も好きなんですが、この岩の感じも好きです。沖縄の備瀬崎ビーチを思い出しました。

 

美しいビーチとともに、写真を撮ってもらいました。

 

夕焼けの時間に近づいてきたので、ウルワツ寺院へと向かいます。

 

ウルワツ寺院(Pura Luhur Uluwatu)

 

 

断崖絶壁に佇む ウルワツ寺院(リンク先:Google Map)。入場料は3万ルピア(240円)。

なんといってもオススメはケチャックダンス夕焼け鑑賞です。

ケチャックダンスとはバリ舞踊の1つで、上半身裸の男性が独特の掛け声を発しながら行われるダンスが特徴です。

 

Tatsu04a
残念ながら僕はチケットが売り切れてて見れませんでした😂早めにチケットの購入をしておきましょう!

 

ツイッターからの引用ですが、ケチャックダンスは絶対見ておくべきだと思います!

 

 

ウルワツ寺院を歩きます。

 

断崖絶壁のウルワツ寺院からの景色。写真の左上がケチャックダンスの会場です。

 

ウルワツ寺院の屋根にはがいました。ウルワツ寺院に向かう途中にも多数いるのですが、ここの猿は要注意です!

 

眼鏡や帽子など、観光客の持ち物を盗み、それと引き換えに餌を要求してくるようです。

ネットで調べると、実際にケガをさせられた人もいるようです。僕も実際に、駐車場で赤ちゃんがケガをする瞬間を目撃してしまいました。

 

 

可能な限り、持ち物は少なくしていくべきですね。

駐車場やウルワツ寺院の道中には猿がいるのですが、ケチャックダンスの会場付近には猿はいませんでした。不安な方は、ウルワツ寺院を遠くから眺めるだけにしておきましょう。

 

さて、ウルワツ寺院の夕焼けの写真を載せていきますね。

 

多くの観光客が、夕焼けとウルワツ寺院の絶景を楽しんでいます。

 

遮るものが何もなく、遥か彼方の水平線に沈みゆく太陽を眺めます。

 

GoPro でタイムラプス撮影も行いました。

 

 

バリ島を代表する観光地なので、ぜひ夕焼け時に来てみてください!

 

ホテルへ戻る

 

ウルワツ寺院は19時に閉まるので、ホテルへ戻ります。

夕食を食べていなかったので、バリ名物「ポークリブ」が食べられる iiga warung(リンク先:Google Map)というレストランへ来ました。

遅い時間ということもありテイクアウトにしたのですが、甘めの味付けで美味しかったです!価格は169,650ルピア(1,300円ほど / 税・サービス料込)。

 

 

これにて、すべての観光が終了しました。

後は明日の昼に出発する便でスカルノ・ハッタ国際空港へと移動するだけです。

ホテルまで送っていただいたカーチャーターのガイドさん・運転手さんとも今日でお別れ。5日間もいっしょにいたので、めちゃくちゃ寂しかったです😭

ばり歩き さん、最高のバリ島旅行をありがとうございました!

 

Tatsu04a
思い出に浸りながら、ぐっすり眠りました

 

バリ島6日目:バリ島からジャワ島へ帰ります

 

爆睡から目が覚めて、朝ごはんを食べてから、荷物をまとめました。

あっという間のバリ島旅行でしたが、とうとう終わりです。最高のホテルでした!

 

 

気持ちいいくらいの青空。名残惜しくて、部屋からなかなか出られません。

 

ザ ロカ レギャン リゾート アンド スパの予約はコチラ

 

さて、Gojek(タクシー配車アプリ)でタクシーを手配して、空港へ向かいます。

空港へ到着したのは出発4時間前とめちゃくちゃ早かったのですが、コロナ関係の検査を受けるためです。

コロナ禍でバリ島→ジャワ島への空路移動には3日以内の抗原テストの陰性証明書が必要とのことで、僕は早めに空港へ向かい、空港で検査を受けました。

 

 

結果は陰性でした。検査は受付から陰性証明書を受け取るまでに1時間30分かかりました。

日時によっては混み合うかもしれないので、早めに行動しておいたほうが良さそうです。

 

エアアジアにてスカルノ・ハッタ国際空港へと移動します。チェックインカウンターはガラガラでした。

 

搭乗ゲートから見えるのは、昨日観光したガルーダ・ウィスヌ・クンチャナ像。

 

 

2020年12月24日 - 2021年1月1日、8泊9日のジョグジャカルタ・バリ島旅行編、完結です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

関連コンテンツ

-インドネシア, 旅行, 海外
-, , , , , , , ,

Copyright© Tatsu04a , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.