プロフィール

 

理系大学院修士 → 大手企業 → 1年で退職 → インドネシア現地採用|語学ゼロ・未経験業種で、25歳(2020年4月1日)から現地採用として、インドネシアに移住しました。|インドネシア生活を楽しむために色々なことに挑戦しています!気候だけでなく、人の温かさも好きです。|雑記ブログの最高月間PVは28,973。現地採用、海外生活、歯列矯正、旅行など、様々なジャンルで記事を書いています。

 

プロフィールの詳細

お問い合わせ

プライバシーポリシー

メンタル

【部屋は心を映す鏡】メンタルがしんどいなら、整理整頓からはじめよう

2020年11月7日

 

こんにちは、Tatsu04a(@tatsu04a)です。

一人暮らし歴が8年目に突入し、これまで3つの物件に住んできました。

大学生の時(1つ目の物件)と社会人1年目の時(2つ目の物件)、精神的に病んでいた時期があって、部屋がめちゃくちゃになっていました。今は部屋をきれいに整理整頓しているからか、メンタルがある程度安定しています。

さて、先日に下記のツイートをしました。

 

 

部屋の状態は心の状態を表す、いわば部屋は心を映す鏡です。

精神的にしんどい時こそ、部屋をきれいにしましょう。

 

精神的にしんどい時は動けない

 

精神的にしんどい時期、僕の部屋はかなり悲惨な状況でした。

 

・ペットボトルが大量にたまる(水洗いだけはしてた)

・食事が終わった後の食器類を洗面台に持っていかず、テーブルの上に放置

・机でパソコンを使う時に食器類が邪魔でスペースが無くなってから、キッチンに食器を持っていく

・洗い物がめんどくさすぎてキッチンに食器類がたまる

・収納がぐちゃぐちゃで、どこに何があるか把握していない状況で、ないと思って買ったものが実はあった

 

こんな部屋の状態だったので、何をするにもやる気は起きませんでした。

すぐにきれいにすれば良いじゃん!って話なんですが、精神的にしんどい時って動けないですよね。

そして先ほどのツイートの通りなんですが、負のループに突入します。

 

精神的にしんどくて動けない→部屋が散らかる→散らかした自分への嫌悪感→ますます動けない

 

この状態になると、行動が1日1ターン制になります。具体的には、1日に1つの行動しかできなくなる・・・と言えば大袈裟ですが、1日に色々なことをこなす気力が湧いてこなくなります。

僕は今でこそ、1日あれば部屋の掃除、整頓、食器洗い、洗濯などをこなすことができますが、それはメンタルが安定しているからです。しんどい状態の時は、風呂に入ることさえめんどくさいですよね。

 

それでも、動かないと変わらない

 

僕は動けない状態というのをよく理解してるつもりですが、結局のところ、動かないと何も変わらないんですよね。

部屋が散らかってる状態を改善するところから始めないと、今のままです。動けないのは理解できますが、思い切って部屋をきれいにしましょう!

 

それができるなら悩んでないんだよね
クチン
Tatsu04a
本当にその通りなんですが、部屋がきれいになると心が晴れやかな気持ちになって、生きる活力?みたいなのを感じますよ。きれいな部屋というのは見てるだけでも気分が良いですし、きれいな部屋にしている自分に満足感が出てきます

 

動けないのに無理やり動け!というのは根性論みたいで嫌なんですが、動かないと何も変わりません。

大学生なら講義後の帰宅してからすぐに、社会人なら仕事後の帰宅してから、もしくは休日に取り掛かるのがオススメです。

部屋が一回きれいになると、その状態をキープしようとするだけではなく、もっと整理したい!と思うようになり、どんどん快適度アップしていきますよ。

 

まずは目に見えるところから整理スタート!

 

目に見える範囲だけでなく、見えないところまで整理しました!

 

ストレスの根本要因は残ったままでも、活力が湧いてきます

 

ここまでご覧いただいて、部屋がきれいになれば気持ちが晴れやかになることがわかりました。

しかし、根本的なストレス要因が取り除けていないのでは?と疑問に思う方もいるでしょう。例えば、会社関係だったり、人間関係だったりといった悩みです。

部屋をきれいにするのは自分の問題、いわば内部要因なのですが、会社や人間関係は外部の問題、いわば外部要因です。

 

・ストレスの内部要因:自分の問題

・ストレスの外部要因:会社、仕事、人間関係など

 

部屋をきれいにすることはストレスの内部要因を取り除くだけにすぎず、ストレスの外部要因は残ったままです。

 

動けなくなったのは外部要因がきっかけだから、内部要因だけ取り除いて意味あるの?
クチン
Tatsu04a
僕は内部要因を取り除くだけでも、精神的な面で大きな効果があると感じました

 

というのも、内部要因を取り除く努力をしないと、内部要因と外部要因の2重のストレスを受け続けることになります。根本原因が外部要因の場合、根本的なストレスは残ったままですが、ストレスの因子を1つでも少なくすることが大切です。

個人的な考えですが、外部要因の解決へと行動するためには、内部要因を取り除くことが必須だと考えています。僕は転職前の会社でうつ病や不眠などで苦しんだのですが、転職する活力となったのは内部要因を取り除けたからです。ボロボロの状態でしたが、部屋だけはきれいな状態にキープしようと頑張っていました。

もし今、ストレスの外部要因のせいでボロボロの状態になっているなら、まずは内部要因を取り除くことから始めてみてください。

 

さいごに

 

部屋がきれいな状態というのは、気持ちが良いものです。朝起きてから、きれいな自分の部屋を見ると「こんなにもきれいな状態の部屋をキープしている自分ってすごいな」と、自分に感動しますよ(笑)

精神的にしんどい方には、ぜひ部屋をきれいにするところから初めていただいたいと思います。もしかしたら、ボロボロの精神状態から復活するきっかけになるかもしれません。

それでは、最後に僕が社会人一年目の時に頑張って作った部屋とベランダの写真を載せて、本記事はここまでにします。ありがとうございました。

 

 

関連コンテンツ

-メンタル
-, , , , ,

Copyright© Tatsu04a , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.