インドネシア

【手続き簡単】手数料が安いトランスファーワイズで外貨(ルピア)→日本円へ国際送金してみた|TransferWise

2021年3月11日

 

海外で現地採用として働いてるけど、現地の給料を日本の口座へ入金したい!
クチン
Tatsu04a
それなら「トランスファーワイズ」がオススメ!手続きが簡単で、手数料も安いですよ

 

インドネシア現地採用として働いている僕は、給料は現地通貨「ルピア」のみ。

奨学金と国民年金(任意継続)の支払いで毎月3万円ほど日本の銀行口座から引き落とされているのですが、日本円の貯金が底を尽きてしまいました。

そこで、インドネシアで貯めた貯金(ルピア)を日本の口座へ送金する方法を探していたのですが、トランスファーワイズ(TransferWise)という国際送金サービスにたどり着きました。

 

 

上のツイートのとおり、家にいながら送金が完結しました。

登録→着金確認まで1時間もかかりませんでした。送金→着金はわずか11分です。

トランスファーワイズの使い方は、公式サイトでわかりやすく解説されています。→ TransferWiseの使い方:ステップバイステップガイド

 

Tatsu04a
僕はアプリをダウンロードして、スマホから手続きを行いました

 

 

さて、ここで僕が行った手続きと必要書類をまとめます。

海外在住者の属性としては一般的なパターンだと思うので、同じ手続きを行うことになるでしょう。

※ 登録時には、必ずご自身に合った属性を選択してください。下記はあくまでも僕の事例です。

 

・インドネシア在住の日本人(日本非居住者)

・海外口座(BCA) →日本口座(みずほ銀行)の送金で、自分の口座間の取引

・必要な書類*:パスポート・自撮り写真

・BCA → みずほ銀行への送金は BCAのアプリ(BCA Mobile)を利用

*日本非居住者はマイナンバー関連書類をスキップできます。

 

手続きはこれだけです!

僕はBCAというインドネシアの口座からみずほ銀行へ入金したので、BCAのアプリ(BCA Mobile)を利用した入金方法を紹介します。

※追記:BNIのアプリ(BNI Mobile banking)を利用した入金方法もあわせて紹介します。

 

BCAのアプリ(BCA Mobile)を利用した入金方法

 

 

 

 

 

※5,000,000ルピアの送金に対して、手数料は103,450ルピアでした。

 

BNIのアプリ(BNI Mobile Banking)を利用した入金方法

 

 

 

 

※5,000,000ルピアの送金に対して、手数料は103,450ルピアでした。

 

おわりに

 

国際送金サービスには様々な種類があります。ご自身の送金額や条件に応じて、最もお得で利用しやすい送金サービスを利用するのをオススメします。

国際送金のやり方がわかったので、日本の銀行口座への入金について悩むことはなさそうです。自宅にいながら手続きが完結するので、日本帰国時に大量のルピアを両替する必要もないですね。

 

トランスファーワイズの利用はコチラから

 

それでは、本記事はここまでにします。ありがとうございました。

 

【手続き簡単】手数料が安いTopremitで外貨(ルピア)→日本円へ国際送金してみた

続きを見る

 

関連コンテンツ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Tatsu04a

インドネシアの雰囲気が好きで、勢い余って移住した20代|写真を撮るのが好きで、インドネシアの美しい風景を探し求めています。将来的にはバイクを買って、穴場観光スポットの開拓をしていく予定です! 【訪問済】バリ島、ジョグジャカルタ、バンドン、プンチャック、ボゴールなど 【ブログ】主にインドネシアの生活・暮らし、観光などを記事にしています。

-インドネシア
-, , , , , , ,

Copyright© Tatsu04a , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.