プロフィール

 

2019年5月からブログを始めました。理系大学院修士 → 一部上場企業 → 1年で退職 → インドネシア現地採用。雑記ブログには海外生活や旅行、転職、ブラック企業、ブログ運営など、様々なジャンルで記事を書いています。最高月間PVは28,973、月間収益は5桁達成。将来の夢は、南の島でのんびり生きていくことです。

 

プロフィールの詳細

お問い合わせ

プライバシーポリシー

海外 生活

東南アジアに先進国の価値観を持ってきて欲しくないと思った

2020年6月4日

 

こんにちは、Tatsu04a(@tatsu04a)です。

 

みなさんは東南アジアに行ったことはありますか?

 

笑顔あふれる現地の人たちを見ると、僕たち日本人が忘れてしまった "何か" を感じる。

 

 

 

何かとは何かうまく言葉にできない。僕の語彙力が足りないのかも(笑)

 

でも、大切なことな気がする。

 

 

 

道端でたむろしている若者、屋台のおじちゃん、ごった返しのローカル市場、どこに行ってもみんな楽しそう。

 

いい会社に入ったとか、給料高いとか、人生勝ち組とか、そういう価値観を全て払拭してくれる。

 

 

 

思えば僕はこれまで、両親や日本社会が敷いたレールの上を走ってきた。自分の意思ではなく、その道以外は正解じゃないと教えられたので。

 

表面上は「やりたいことをやりなさい」と言われながらも、レールから外れることは許されなかった。これこそが正解だと。

 

 

 

ところが大学生の時に初めて行った東南アジアで、その価値観がぐらついた。ここではお金があろうとなかろうと、学歴があろうとなかろうと、みんな楽しそうに見えた。

 

 

自分の中の "当たり前" が壊れていく。

 

 

ここには「満員電車の殺伐とした雰囲気」や「なぜか小走りのサラリーマン」、「過剰に頭をペコペコ下げる人」はいない。非常にゆったりとした時間が流れてるだけだ。

 

 

 

東南アジアの人たちは十分に幸せを感じているように思う。日本から見た東南アジアって、あまり良くないイメージが多いけど。

 

貧しい人で溢れてる、街がごった返していて汚そう、といった感じで。

 

 

 

確かに彼らは、貧しいかもしれない。日本と比べると生活水準は低い。

そんな姿を見た先進国は「なんてかわいそうなんだ!」と正義感からか、支援を積極的に行う。

 

 

 

今の先進国を見て、経済が発展すれば幸せを感じるか?と聞かれたら、僕は違うと思う。

 

豊かになれば、より豊かになるために働き、勉強し、熾烈な競争社会に身を置かなければいけない。競争に敗れたら劣等感を感じながら生きる。そこに本当の幸せはあるのか。

 

 

 

幸せの価値観は人それぞれだが、僕は違うと感じる。

 

現状幸せを感じている人たちから、幸せを奪うような行為に感じられてならない。

 

 

 

僕はあまりにも無知なので、何いってるか伝わってないかもしれないし、変なこと言ってるかもしれない。無知なりに思うことは、東南アジアは今のままが一番いいんじゃないかということ。

 

 

 

僕は今の東南アジアの笑顔あふれる人が、毎日スーツを着て、時間を気にして、お金を稼ぐために毎日夜遅くまで働く・・・そして人々から笑顔が消えていく姿を見たくない。

 

 

 

世界各国の自殺率が示すように、発展途上国だから自殺率が高い = 不幸というわけではないと思う。

 

 

 

貧しくても、楽しく生きていける。

 

 

電気が点かないなら、暗くなったら寝て、明るくなったら起きればいい。

 

夜遅くまで電気をつけて無理やり働いているのは、人間らしいと思わない。

 

 

 

お金がないからこそみんなで助け合って生きている。

 

家は大家族で1つ、働きまくるという概念がないので、必然的に家族や友人と過ごす時間が増える。

 

 

タイではマイペンライ、インドネシアではティダアパアパという言葉があり、大丈夫、問題ないよという意味で、こちらでは頻繁に聞く。

 

何とかなるよ精神で、将来に対する不安を抱え込まず、生きているようだ。

 

 

 

そんな東南アジアがいつまでも続いてほしいなと思った。

 

僕も彼らの生き方を参考にして、少なくとも笑顔でいるように心がけていきたい。

 

 

 

東南アジアに来ると、素の自分が出せる。

 

会社ではお客様の顔色を伺い、乾いた愛想笑いをし、思ってもいないお世辞を言う。

 

そんな表面上の取り繕いばかりで、自分の感情を消すことだけが上手くなる。

 

 

 

日本社会ではそれが生きる力とされているので、身につけないといけない。

 

でも、幸せか?と聞かれたら、僕はそう思わない。

 

だから、東南アジアには今のままでいてほしいと思った。

 

 

終わり。

 

 

 

 

 

 

関連コンテンツ

-海外, 生活
-, , , , ,

Copyright© Tatsu04a , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.