歯列矯正

【Part9】インドネシアで歯列矯正してみた|第6回装置調整日

2021年2月20日

 

本記事は、以下の記事のつづきです。

 

 

こんにちは、Tatsu04a(@tatsu04a)です。

2020年8月15日、インドネシアで歯列矯正を開始しました。

 

本記事は、第6回矯正装置の調整についてです。

 

2020年7月10日:予約を入れる

2020年8月1日:初診

2020年8月9日:抜歯 

2020年8月15日:矯正器具の装着

2020年9月12日:矯正生活と第1回矯正装置の調整

2020年10月10日:第2回矯正装置の調整 

2020年11月14日:第3回矯正装置の調整

2020年12月12日:第4回矯正装置の調整

2021年1月16日:第5回矯正装置の調整

2021年2月20日:第6回矯正装置の調整 ← 本記事の内容

 

第6回矯正装置の調整

 

上の歯は、完成に近づいているそうです。

下の歯は、抜歯後を埋める作業に入りました。

 

【2021年2月20日】

 

下の歯は左右4番の小臼歯を抜歯しているのですが、まだまだ隙間が残っています。

僕としては受け口を早く直してほしいのですが、下の歯並びが整った後に、受け口の改善と正中線を揃える流れになるとのことです。

 

調整後の痛みは少しだけ

 

下の歯並びは抜歯後こそ残っているものの、矯正初日と比べるとだいぶ整いました。

抜歯後を埋めるためにワイヤーに力を加えているので、調整後は若干痛いです。それでも矯正初日に比べれば、痛みは大したことないですね。

早く受け口の改善のためのゴムかけが始まってほしいです。

 

歯並びの変化(写真あり)

 

閲覧注意!歯並びの変化を写真で載せていきます。

 

<上の歯並び>

【2020年8月15日:矯正初日】

 

【2020年9月12日】

 

【2020年10月10日】

 

【2020年11月14日】

 

【2020年12月12日】

 

【2021年1月17日】

 

【2021年2月20日】

 

<下の歯並び>

【2020年8月15日:矯正初日】

 

【2020年9月12日】

 

【2020年10月10日】

 

【2020年11月14日】

 

【2020年12月12日】

 

【2021年1月17日】

 

【2021年2月20日】

 

 

上の歯並びは、ここ数ヶ月変化がないですね。

下の歯並びは、斜めになっていた下の前歯1本がほぼ改善されました!

半年前と比べて、上下ともに歯並びが大きく改善されたなと感じます。

 

Tatsu04a
下の歯並びの変化が特に大きく、少しずつアーチ状に近づいてくる喜びが半端ないです(笑)

 

ただし、最近は受け口がひどくなってきてる気がします。

横から見たら一目瞭然ですね。早く直したい・・・

 

 

矯正装置の調整費用

 

 

矯正装置の調整に関する費用は、以下の通りです。

 

Audy Dental Bekasi(計3,672円)

・装置調整:Rp. 280.000(2,240円)

・ワイヤー交換:Rp. 100.000(800円) *上下

・コロナウイルス対策費:Rp. 55.000(440円)→ Rp. 44.000(352円)

・その他(Administrasi):Rp. 35.000(280円)

累計(計175,304円)

*1ルピア = 0.008円として計算 

 

矯正装置の調整は、1ヶ月に1回のペースです。

前回に続き、歯列矯正のワイヤーは通常ワイヤー(銀色)を使っています。

理由はお金です。というのも、コーティングワイヤー(白色)だと1本250,000ルピア(2,000円)かかるんですよね。上下ワイヤーを交換すれば500,000ルピア(4,000円)です。ちょっと高いので、通常ワイヤー(銀色)にしました。

 

Tatsu04a
コーティングワイヤーのほうが目立ちにくいですが、コロナ禍のマスク生活はしばらく続きそうなので、見えないなら通常ワイヤーでも良いかなと思いました

 

マスク生活が続く間は、通常ワイヤー(銀色)を使い続けるつもりです。

ホワイトワイヤーもしらばく使うと塗装が剥げてくるので、表側矯正で完全に隠し切るのは難しそうです😓

 

まとめ

 

第6回矯正装置の調整について、書いてきました。

通常ワイヤー(銀色)はやはり目立ちますが、お財布事情と相談して、コーティングワイヤー(白色)はストップしました。

調整後は少し痛いし、歯磨きはめんどくさいですが、これもきれいになるための準備期間です!

 

Tatsu04a
下の歯並びが整ったら、受け口改善の治療が始まります。横顔が最大のコンプレックスなので、大人の歯列矯正で本当に治療できるのか、経過が楽しみです

 

ブログがきっかけで写真を整理していると、下の歯並びがかなり改善されてきているのを実感しました。少しずつきれいになっていく歯並びを見ると、矯正の痛みや歯磨きのめんどくささにも耐えられますね!

インドネシアでの矯正治療は約6ヶ月ほど経ちました。ゴールまでは時間がかかりそうですが、引き続きブログを更新していきます。興味のある方はぜひご覧ください!

 

【Part10】インドネシアで歯列矯正してみた|第7回装置調整日

続きを見る

 

関連コンテンツ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Tatsu04a

インドネシアの雰囲気が好きで、勢い余って移住した20代|写真を撮るのが好きで、インドネシアの美しい風景を探し求めています。将来的にはバイクを買って、穴場観光スポットの開拓をしていく予定です! 【訪問済】バリ島、ジョグジャカルタ、バンドン、プンチャック、ボゴールなど 【ブログ】主にインドネシアの生活・暮らし、観光などを記事にしています。

-歯列矯正
-, , , , , , , , ,

Copyright© Tatsu04a , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.