プロフィール

 

2019年5月からブログを始めました。理系大学院修士 → 一部上場企業 → 1年で退職 → インドネシア現地採用。雑記ブログには海外生活や旅行、転職、ブラック企業、ブログ運営など、様々なジャンルで記事を書いています。最高月間PVは28,973、月間収益は5桁達成。将来の夢は、南の島でのんびり生きていくことです。

 

プロフィールの詳細

お問い合わせ

プライバシーポリシー

メンタル 社会

【誹謗中傷と批判】SNSで人を叩く心理を実体験から解説します

2020年6月15日

 

こんにちは、Tatsu04a(@tatsu04a)です。

 

みなさんはSNSで誹謗中傷を受けたり、批判されたりしたことはあるでしょうか?

僕はTwitterで発信しているのですが、たまに「これ、誰とは言ってないけど僕のこと悪く言ってるよな・・・」と見かけることがあります。

僕のツイート(@tatsu04a)を見ていただければわかるように、トゲのある発言はしていませんが、一定数人のことを叩きたがる人はいるのです。

 

本記事では、SNSなどのネット上で他人を叩く発言をする人の心理と叩かれた時の対処法について解説していきます。

 

Tatsu04a
結論から言えば「気にしない・無視する」ことが最善策なのですが、それができれば苦労しませんよね。詳しく解説していきます

 

なぜSNSで人を叩くのか?

 

 

SNSで人を叩く行為は、①誹謗中傷、②批判 の2つに分類されます。

一般的に言うと、①誹謗中傷は良くない行為で、②批判はある程度必要な行為であるという認識でしょう。

僕もその認識で正しいと思うのですが、批判について思うところがあります。

 

批判は悪いところに対しての指摘だから、人を叩く行為に分類するのは違う気がするな・・・
Tatsu04a
正しい批判は必要ですが、行き過ぎた批判も散見されます。誹謗中傷はもちろんダメですが、行き過ぎた批判により相手を傷つける行為には思うところがあります

 

そのため、本記事では①誹謗中傷、②行き過ぎた批判 を「人を叩く」と表現し、取り扱っていきます。正しい批判は対象外です。

 

 

さて、それでは人を叩く理由とはなんでしょうか?

 

僕はSNSで他人を叩いたことがないので推測になりますが、人を叩く心理とは「多数派の共感を得たい」からではないでしょうか。

 

SNSで炎上している人をたまに見かけますよね。炎上してしまった張本人にも原因があることが多いのですが、その場合は「まあ、やらかしたんだから仕方ないよね・・・」と多くの人は考えます。

そのような空気感ができあがった状態で、炎上している人を叩く発言をすると、共感されるし、いいねがたくさんもらえます。

つまり、確実に共感されるという確信を持った上で、安全地帯(匿名)から人を叩くことにより共感が得られ、自己肯定感が高められるわけですね。

 

確かに匿名ではなく実名だけだったら、人を叩く行為は激減しそう
Tatsu04a
匿名という安全地帯から人を叩けるのがSNSの特徴ですね

 

まとめると、人を叩く行為が多く見られる理由は以下の2つです。

 

① 匿名性

② 炎上している人を叩くことで得られる共感

 

SNSで批判された時の対処法

 

 

冒頭でも少し触れましたが、僕はこれまでに「人を叩く」行為に遭遇しています。個人レベルの小さな話ですが、やはり言われていい気はしません。

さらに遡ると、僕は以前フォロワー数が1700人くらいのアカウントを持っていたのですが、やはり叩いてくる人はいました。

 

SNSで嫌味を言われちゃった・・・もうやめようかな
Tatsu04a
SNSを生活から遮断するのは有効な手段ですが、生活の一部に組み込まれている人には難しいでしょう。そこで僕は叩いてくる人をミュートすることをオススメします

 

SNSをやめられれば、嫌なコメントを見る機会がなくなるので精神的に楽になるでしょう。

しかし、やめられますか?僕はやめられません。情報収集&発信ツールとして便利ですし、僕自身これまでにSNSで助けられた経験があります。例えば下記のツイート。

 

 

このように、お互いを助け合えるツールとして非常に便利です。

なので、ここで紹介するSNSで批判された時の対処法は、SNSの利用を止めることなく、叩いてくる人をミュートすることで対処する方法です。

 

さて、ここで大切なポイントなのですが、「ブロック」ではなく「ミュート」です。

 

どうしてブロックじゃダメなの?
Tatsu04a
ブロックすると相手がブロックしたことを確認できます。そうすると、さらに粘着して叩いてくる(別アカウントなど)可能性があるからです

 

僕はミュートすることによって嫌な思いをすることなく、SNSの利用を続けられています。

批判された時の対処法をまとめると、次の通りですね。

 

① SNSをやめる

② SNSを続ける → *ブロック/ミュートする

*個人的にはミュートをオススメします。

 

まとめ

 

 

SNSには有益な情報がたくさんあります。様々な国の人とも繋がることができます。自分から情報発信することだってできます。

SNSは正しく使えば有益なツールであることは間違いありませんが、SNSがきっかけで傷ついてしまうことがあるのも事実。

現在SNSを活用している方は、人を叩く行為に遭遇しても、ミュートで対応してSNSの活用を続けてほしいなと思います。

 

Tatsu04a
せっかくの便利なツールなので、有効活用して日々の生活や考え方を豊かにしていきましょう!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連コンテンツ

-メンタル, 社会
-, , , , ,

Copyright© Tatsu04a , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.