歯列矯正

【マスクで隠せる!】コロナ禍の今、歯列矯正を始める人が増えている理由

 

コロナウイルスにより、マスクが手放せない生活になって久しいですね。

マスク生活の今だからこそ、歯列矯正を始める人が増えているようです。

 

 

僕も2020年8月から歯列矯正(上下表側)を始めたのですが、きっかけは間違いなくマスク生活です。

歯列矯正を始めたいけど、これまで踏みとどまってきた人が多い理由はこんな感じだと思います。

 

・目立ちたくない

・食事中や食後の口元が気になる

 

これらの悩みって、コロナ禍の今はすべて避けることができます。

マスク生活だから口元は見えないし、外食や飲み会の機会は激減しました。

 

Tatsu04a
旅行や娯楽施設に行く機会が減り、お金に余裕が出てきて、歯列矯正の費用にあてる人もいると思います

 

僕も歯列矯正を始めて感じているのですが、マスク生活で本当に良かったです。

というのも、いくら目立たない装置でも、口を開ければ見えちゃうんですよね。人によってはゴムかけをする必要があるのですが、かなり目立ちます。

 

 

しかも、食事の前はゴムを外さないと食べにくいのですが、外食や飲み会があると、いちいち外さないといけないので面倒くさいです。

人の目の前で口をガバっと開けて、ゴムを取り外すわけにもいかないので、トイレの個室などで外すことになります。

 

Tatsu04a
コロナウイルスは早く終わってほしいですが、マスク生活はずっと続いてて欲しいという気持ちはすごく共感できます

 

もし歯列矯正を始めるか悩んでいる方がいれば、コロナ禍のマスク生活の今がチャンスです。

マスクで隠せる今だからこそ、マスク不要の社会になった時に備えて、きれいな口元を目指しましょう!

 

 

 

(さいごに・・・)

ちなみに僕は歯列矯正をはじめて10ヶ月ほど。

受け口と歯並びの改善のために始めましたが、少しずつ改善されていくのを見ると、やって良かったなと心から思います。

 

 

 

関連コンテンツ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Tatsu04a

インドネシアの雰囲気が好きで、勢い余って移住した20代|写真を撮るのが好きで、インドネシアの美しい風景を探し求めています。将来的にはバイクを買って、穴場観光スポットの開拓をしていく予定です! 【訪問済】バリ島、ジョグジャカルタ、バンドン、プンチャック、ボゴールなど 【ブログ】主にインドネシアの生活・暮らし、観光などを記事にしています。

-歯列矯正
-, ,

Copyright© Tatsu04a , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.