現地採用

【闇堕ち対策】現地採用で帰国したくなった時の対処法|後悔・やめとけの声を気にしない

2022年2月27日

 

インドネシア現地採用として働き始めて、約2年が経ちました。

海外移住の経験もなく、日本での就労経験も1年しかない状態だったので、移住当初は精神的に辛くなることも多かったです。

 

海外移住は大きな決断だったので、できるだけ長く海外生活を続けたい・・・

すぐにやめて帰国してしまうと、結局続かなかったんだなと思われるのも辛いし・・・

 

現地採用として働き始める方は、理由は人それぞれでも、海外で頑張って生きていくぞ!と決意して移住を決めたはず。

それにも関わらず、現地採用者同士で繋がってたSNSから、投稿に愚痴が少しずつ増えてきて、ある日突然アカウントが消える・・・なんてことも。

特に移住を始めて最初の数ヶ月〜1年が一つの山場で、精神的に辛くなって突発的にやめる方がチラホラいるように思います。

 

Tatsu04a
精神的に病むまで頑張る必要はないですし、すぐにやめることが必ずしも悪いとは言いませんが、突発的にやめてしまうのは勿体無い気もします😌

 

本記事では、精神的に辛くなって突発的に帰りたくなる気持ち = 闇堕ち しそうになった時の対処法をお伝えしようと思います。

 

僕が行った3つの闇堕ち対策

 

僕は闇堕ち対策として、次の3つの対策を行いました。

 

① 歯列矯正

② レーザー脱毛

③ バイクの購入

 

一見すると何も関連性がないように感じるかもしれません。しかし、これには理由があります。

 

歯列矯正とレーザー脱毛は治療・施術にある程度の時間を要します。

料金もまあまあ高いので、途中でやめたらお金が勿体無いですよね?

その勿体無いという気持ちが、衝動的に帰りたいという気持ちを抑えるのに役立ちます。

 

バイクの購入だって、現地で買うと安いとは言っても、そこそこの値段がします。

一度買うと長期間乗れるものを、すぐに手放すのは勿体無いです。

 

Tatsu04a
歯列矯正・レーザー脱毛も始めたし、バイクも買ったことだし、多少辛いことがあっても頑張ろうかな😌

 

僕はこんな気持ちで、日々を生き抜いています。

僕の場合、移住して5ヶ月目に歯列矯正を始めたのが良かったかなと感じています。

一般的に治療には2年ほどかかりますし、少なくともその期間は頑張ろうと思えます。

 

今では移住して2年経ちましたが、日本では何をやっても続かなかった僕ですが、会社をやめることなく頑張って生きてます。

継続すればできることが増えてきて、面白みがあることにもようやく気づきました。今では自分からやめて帰国することは考えてないですね。

 

後悔・やめとけなどの声を気にしない

 

現地採用者として働いてて、精神的に辛い時って、ついついマイナスなことばかり情報収集してしまうんですよね。

僕は移住して数ヶ月目で闇堕ちしかけて、「現地採用 後悔」「現地採用 やめとけ」などの検索ワードで調べまくって、自分の将来を悲観して、勝手に凹んでました。

 

でも、それをやってて思ったことは、全くの無駄な行為だったなってこと。

どこで何をやってても、マイナスなことを言う人は必ずいます。

自分で考えて、海外で頑張ると決意したなら、よくわからない情報に振り回されるのは時間の無駄ですし、得られるものは何もありません。

 

Tatsu04a
給料とか将来性とか色々悩んでしまうのはわかりますが、僕は2年経った今それなりに楽しんでますし、後悔してないと今ではハッキリと言えますね☺️

 

それに、マイナスな情報ばかり集めてると、だんだんメンタルが廃れてきます。

現地採用者だけに限りませんが、「会社やめたい」「仕事おもしろくない」などとマイナスな情報ばかりに増えてると、本当に気分が沈んでくるんですよね。

僕はそれを経験して、今日も頑張るぞ!と自分を鼓舞しています。精神論みたいで忌避感を持つ人もいるかもですが、メンタルを保つ上では重要だなと思ったりしてます。

 

さいごに:東南アジア就職を検討中の方へ

 

東南アジアでの就職を考えている方へ、オススメの転職サイトを紹介させてください。

 

僕は日本の会社で働きながら、下記の転職サイトに登録して、エージェントの方と面談を進めていきました。

2020年1月当時、僕は3週間ほどで内定をいただくことができました。

エージェントの方に、履歴書の添削やオススメ求人情報の紹介、面接の練習など、様々なサポートを無料でしていただいた結果ですね。

 

 

僕の当時のスペックは、「日本での社会人経験1年未満・語学力ゼロ・専門知識なし」という絶望的な状況でした。

そんな僕が内定をいただけるまでの流れとポイントを、下記の記事で紹介しておりますので、こちらも合わせてご覧ください!

 

 

僕のブログでは「現地採用の働き方やお金事情」「インドネシアの旅行情報」も豊富に書いています。

気になる方は、記事上部にある「現地採用」「海外旅行」などのタブをクリックしてみてください。

 

それでは、本記事はここまでにします。ありがとうございました。

 

関連コンテンツ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Tatsu04a

インドネシア在住の20代|インドネシアの雰囲気が好きで、趣味はバイクぶらり旅。観光地だけでなく、身近な魅力を日々探しています。

-現地採用
-,

Copyright© Tatsu04a , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.