はじめまして、新入社員のTatsuと申します。2019年4月から仕事のために福岡市博多区に住むことになりました。一人暮らし歴は7年目で、大学・大学院は他県で過ごしました。社会人になってからベランピングや部屋のインテリア等に興味を持ち始めたので、少しずつブログで発信していきたいと思います。

新入社員Tatsuのブログ

旅行

東南アジア旅行記 ーカンボジア・シェムリアップ1日目ー

投稿日:2019年8月18日 更新日:

本記事は以下の記事の続きになります。

東南アジア旅行記 -ベトナム・ホイアン3日目ー

 

早朝からホテルの豪華さにびっくり

昨日の夜、ホテルの外観へ部屋の広さに驚いていましたが、朝起きてまたびっくりしました。

朝食はメニュー豊富だし、庭みたいな広いスペースあるし、太陽の光で明るいなと思ったら天井ついてるし・・・本当にすごいですね。

 

カンボジアは今乾季なので雨の心配はないですが、このホテルなら雨でも濡れる心配はありません。

晴れてたらまるで外にいるかのような明るさを味わうことができます。

 

 

ツアーへの申し込み

アンコールワットをはじめとした遺跡群を効率よく観光したかったので、

僕たちは事前にツアーに申し込みました。

個人のツアーなので、僕たち2人にガイドさん1人と運転手さん1人が付いてくれます。

 

申し込みしたツアー会社はこちら。

アンコール・アンシエント・ツアーズ

 

料金は3日間で1人144$です。

それに加えて、アンコールワット周辺遺跡の3日チケット62$ + ベンメリアの入場料5ドルがかかります。

 

 

個人ツアーなので少し高いかもしれませんが、ここのガイドさん、めちゃくちゃ日本語ペラペラで遺跡にも詳しいです!

わからないことを質問したら、すぐに教えてもらえます。

 

アンコールワット周辺遺跡のチケットを購入

アンコールワット周辺遺跡のチケットの料金は、プランによって異なります。

チケット 料金
1日 37$
3日 62$
1週間 72$

 

チケットの購入売り場へ向かう途中、多くの観光客であふれかえっていました。

やはり世界的に有名な観光地なんだなと実感できます。

 

 

僕たちは62$の3日間有効チケットを購入しました。

このチケットは小さい紙なので、なくさないように注意してください!

各遺跡の入り口でチケットを必ず確認されます!

 

各遺跡群に入場するときの注意点 ー服装ー

遺跡は神聖な場所です。ワイワイ騒いだり、露出度の高い服を着たりするべきではありません。

遺跡のどこかは忘れたのですが、日本人の女性観光客が服装で入場を断られたらしく、大きな声で入れなかったことを話していました。

周囲には丸聞こえです。

 

現地のルールや考え方は尊重し、私たち観光客は訪問させていただいてるという意識を持つことが大事だと思います。

 

アンコールトム

まずはじめに、アンコールトムに行きました。

下の地図を見るとわかりますが、日本で有名な「アンコールワット」は「アンコールトム」のすぐ近くにあります。

 

 

有名な遺跡群がこの辺りには密集しているんですね。

アンコールは「都市」、トムは「大きい」を意味する言葉だそうです。

その言葉の通り、アンコールトムは非常に大きいです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

描かれた模様も詳細過ぎて、いったいどのくらいの時間を費やされて作られたのかすごい気になりますよね。

はじめて見る遺跡の規模の大きさに、早速びっくりしました!

写真撮りすぎて全然厳選できないので、もう少し写真を載せさせてください(笑)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

タプローム寺院

タプローム寺院では

崩壊した遺跡がそのまま残されていて、さらにガジュマルの木によって遺跡は侵食され続けています。

 

 

ガジュマルの木の大きさは想像を絶するくらい大きいです。

下画像の写真は有名な観光スポットなので、見たことがある人もいるかもしれません。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

樹高何十メートルあるのかわからないくらい、とにかく大きいですね。

ガジュマルの侵食によって、遺跡はいつか崩れてしまうかもしれません。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

昼食

昼食は「The Palmboo Restaurant」でとりました。

ここでカンボジア料理「アモック(Amok)」を食べます。

 

 

 

これがまた美味しい!

絶妙に辛いのですが、ココナッツミルクがそれを緩和して、不思議な感じです。

かなり食べやすいカンボジア料理だと思います!

 

 

ここではドリンクもいただきました!

僕はマンゴージュース、友達はビールです。

 

 

シェムリアップはめちゃくちゃ暑い上に、遺跡を歩き回るので想像以上に体力を使います。

このお店はエアコンが効いていて涼しかったので、しっかり休憩しました!

 

アンコールワット

カンボジアといえば「アンコールワット」ですよね!

僕は今まで、遺跡群のことをまとめてアンコールワットと呼んでるのかと思ってました。

 

 

アンコールワットといえば、5つの塔が有名ですね。

パッと見3つしか見えないときもありますが、実は5つあるんです!

 

 

下の画像の水は人工的に貯めたものです。

水に反射する遺跡がなんとも美しいです!

ここは朝焼けの時、人がたくさんいました!

 

 

そして中へと進んでいきます。

この規模の遺跡がいくつもあるのは、本当にすごすぎます!

彫刻はいつ見ても美しいですね。

 

 

夕焼け

夕焼けはこちらで撮影しました。

ガイドさんおすすめの場所「プレループ」です。

 

 

夕焼けまで少し時間があったので、遺跡を眺めてました。

 

 

そして夕焼けの時間になりました。

大勢の観光客が写真を撮ったり、のんびり眺めたりしています。

 

 

めちゃくちゃ綺麗でした!

異国の地で見る夕焼け、まして遺跡から見る夕焼けは特別なものがありました。

 

ホテルへ戻る

今日のツアーは終了です。

最高気温は35度を超える中での観光なので、体力をすごく使います。

ホテルへ無事戻ったので、ゆっくりお風呂に入って、いつの間にか寝ていました。

 

まとめ

はじめて見る遺跡の数々にとても感動しました。

ガイドさんや運転手さんがすごく丁寧な方だったので、快適な旅をすることができました。

後2日間、シェムリアップでのツアーがあるので、とても楽しみです!

 

引き続き、シェムリアップ2日目も読んでいただけたら嬉しいです!

東南アジア旅行記 -カンボジア・シェムリアップ2日目ー

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tatsu04a

こんにちは! 新入社員のTatsuと申します。 2019年4月から福岡市博多区で生活を始めました。 大学・大学院と一人暮らしをしていたため、一人暮らし歴は7年目です。 このブログでは日々の出来事やお部屋・ベランダ作り・旅行などのことを書いていこうと思っています。 引っ越しにかかった費用等でお金がカツカツなので、ゆったりとしたペースでやっていくかと思いますが、よろしくお願いします!

-旅行
-, , , , , , , , ,

Copyright© 新入社員Tatsuのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.