ホテルレビュー

ボロブドゥール敷地内にある唯一のホテル「マノハラリゾートホテル」に泊まってみた|サンライズ・サンセットもオススメ!

 

DCIM100GOPROGOPR0159.JPG

 

ボロブドゥール寺院内にある唯一のホテル「マノハラホテル」に宿泊してきたので、ホテルレビューをしていきます。

値段は一泊 Rp.1.7Juta(約1万2千円)と高めなのですが、 かなりオススメのホテルになります!

 

マノハラホテルのポイント 

 

✔︎ 朝食付き

✔︎ ボロブドゥール敷地内の無料送迎

✔︎ 自転車の無料レンタル(ボロブドゥール周辺の観光で利用可)

✔︎ 宿泊料金にはボロブドゥール寺院内の入場料2日分を含む(1日分外国人入場料25ドル)

✔︎ サンライズ・サンセットツアーを主催している(宿泊者以外も参加可)

✔︎ ボロブドゥール寺院内へはホテルから専用出入口で何度も出入り可。

 

マノハラ・リゾート・ホテルの立地

 

 

ボロブドゥール寺院の中に唯一あるホテルです。

ボロブドゥール寺院の敷地に入るためには、通常入口から入る必要がありますが、ホテル宿泊者はボロブドゥールへそのままアクセスできます。

 

Tatsu04a
ボロブドゥールは時間帯によって見せてくれる顔が違うので、炎天下の中疲れたら部屋で休憩することができてオススメ!

 

サンライズツアー、サンセットツアーを主催していることもあり、ここのホテルに泊まれば宿泊者は通常価格(50万ルピア)の半額で見学できます!

 

マノハラホテルの紹介

 

部屋の写真を載せていきます。

 

DCIM100GOPROGOPR0095.JPG

DCIM100GOPROGOPR0100.JPG

DCIM100GOPROGOPR0101.JPG

DCIM100GOPROGOPR0102.JPG

 

部屋はかなり広いです。ベッドもふかふかで快適。コンセントが少なかったですね。

 

DCIM100GOPROGOPR0096.JPG

DCIM100GOPROGOPR0097.JPG

DCIM100GOPROGOPR0098.JPG

 

お風呂はシャワーだけでなく、浴槽もありました!かなり熱々のお湯が出ます!

 

DCIM100GOPROGOPR0106.JPG

DCIM100GOPROGOPR0113.JPG

DCIM100GOPROGOPR0108.JPG

 

コロナ禍のボロブドゥール寺院(2020年12月)

 

2020年12月24日現在、コロナの影響でどちらのツアーも開催されていませんでした。現在のボロブドゥール遺跡の入場時間は8:30-16:00(ボロブドゥール遺跡の敷地は16:30に閉まる)とのこと。つまり、サンライズもサンセットも見えないんですね。

 

宿泊費は正直高いし、コロナでサンライズもサンセットも見えないなら、あまり泊まるメリットなさそう
クチン
Tatsu04a
たしかに僕もサンライズ・サンセットが見えないから宿泊をやめようかと思いましたが、結果的には宿泊してよかったです!

 

コロナの影響で、16時以降の入場は禁止されています。しかし、どうしても僕はボロブドゥール寺院と夕焼けの写真が撮りたくて...

 

Tatsu04a
マノハラホテルのフロントで相談したら、16:00以降でも宿泊者だからとボロブドゥール敷地内へ自由に入ることができました。綺麗な夕焼けが見えたので大満足です!

 

 

サンライズツアーも開催されていませんが、代わりのプランが用意されていました。

ボロブドゥール寺院の朝焼けを見に、Bukit Dagi というボロブドゥール敷地内にある小高い丘へ、ホテルが用意してくれた無料送迎バスで移動しました。

マノハラホテルを朝5時に出発です。他の宿泊客はおらず、僕だけでした。移動中、運転手の方に話を聞くと、宿泊客は僕だけとのこと。マノハラホテルはボロブドゥール寺院を観光する人の間では定番のホテルなのですが...コロナの影響か、極端に観光客が減っているのを実感しました。

 

バスでの移動は10分もかからないくらいでした。到着すると、オシャレな感じの朝食会場が目に入ります。

 

 

そして、少し進むと霧に包まれたボロブドゥール寺院が見えてきます。

これはもう、写真や言葉では上手く伝えられない感動です!

 

 

動画でも撮影してるので、コチラもぜひご覧ください。

幻想的な雰囲気で、ボロブドゥール寺院の美しい姿を、心ゆくまで堪能できます。

 

 

Tatsu04a
22万ルピア(1,760円)支払って、ここで朝食をとれば良かったと思いました。前日までの予約が必須なので、僕は諦めましたが、絶対にオススメできます!

 

ちなみにこの日(12月25日)は、ホテル宿泊者以外から2人、朝食を食べに来ていました。

この絶景の中食べる朝食は、最高の贅沢ですね。幸せすぎる時間を楽しめたはず。

 

僕は朝焼けを1時間30分くらい眺めてたのですが、ホテルの運転手の方がずっと待機してくれてました。

 

※ちなみに通常のサンライズツアーでは、ボロブドゥール寺院の頂上まで登ってから眺めるそうです。

 

Tatsu04a
通常のサンライズ・サンセットは見れませんでしたが、それでも十分満足できますので、マノハラホテルをオススメします!

 

まとめ

 

マノハラホテルの宿泊費は一泊 Rp.1.7Juta(約1万2千円)と、決して安くない金額ですが、それを支払うだけの価値は十分にあると感じました。

ボロブドゥール寺院の敷地内にあって、かつ入場料2日分の値段(1日分外国人入場料25ドル)が含まれていることを考えれば、そこまで高すぎるわけではないと思います。

 

Tatsu04a
マノハラホテルに泊まって、心ゆくまでボロブドゥール寺院を満喫しましょう!

 

マノハラホテルのポイント 

 

✔︎ 朝食付き

✔︎ ボロブドゥール敷地内の無料送迎

✔︎ 自転車の無料レンタル(ボロブドゥール周辺の観光で利用可)

✔︎ 宿泊料金にはボロブドゥール寺院内の入場料2日分を含む(1日分外国人入場料25ドル)

✔︎ サンライズ・サンセットツアーを主催している(宿泊者以外も参加可)

✔︎ ボロブドゥール寺院内へはホテルから専用出入口で何度も出入り可。

 

コチラの記事もオススメ!ジョグジャカルタ旅行記

 

それでは、本記事はここまでにします。

 

関連コンテンツ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ホテルレビュー
-, , , , ,

Copyright© Tatsu04a , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.