現地採用

インドネシア現地採用の貯金額|2年間でいくら貯まったのか

2022年3月12日

 

インドネシア現地採用として働き始めて約2年が経ちました。

本記事では、現地採用を検討中の方が気になるであろう「貯金はいくらできるのか」について解説していきます。

※本記事では、1ルピア = 0.08円 として計算しています。

 

2年間の貯金額は160juta (128万円) 

 

2年間で貯まったお金は 160juta (128万円)です。

この金額が多いか少ないかは、収入と生活費によって変わりますが、僕としては「意識して節約せず、自然に貯まった金額」になります。

 

Tatsu04a
インドネシアに来るとき、日本円60万円ほどの貯金があったので、実質2年間で貯まった金額は約70万円ほどだと思います

 

収入と支出

 

収入と支出

収入:約 20.5juta (16.4万円)

支出:約 114.8juta (91.8万円)

- 歯列矯正:約 30juta (24万円)

- レーザー脱毛:約 46.8juta (37.4万円)

- バイク購入:約 18juta (14.4万円)

- バリ島・ジョグジャカルタ旅行:約 20juta (16万円)

毎月の支払い:約 3万円

- 奨学金:約 1.3万円

- 国民年金:約 1.7万円

 

こうやってみると、大きな支出だけでも 約 114.8juta (91.8万円)という大きな金額ですね。

毎月の支払いである「奨学金」と「国民年金」は日本の口座から自動引き落としされるのですが、気持ち的にはこっちの方が辛いです・・・

 

Tatsu04a
国民年金は任意ですが、僕は万が一のための保険(障害基礎年金)と考えて支払っています😌

 

日々の生活費は特に計算していないのですが、マッサージに行ったり、日本食を食べたり、時々ゴルフに行ったりと、そこそこ楽しい生活を送ってると思います。

 

重要なポイントとして、家賃・水道光熱費は会社から負担していただいています。

会社への通勤は上司の車に乗せてもらっているため、会社へ行く交通費もかかっていません。

 

クチン
給与20.5juta (16.4万円) から奨学金・国民年金3万円を差し引いた13.4万円の中で生活しているんだね
Tatsu04a
奨学金・国民年金の支払いがない人もいますし、家賃などは自己負担の場合もあるので、あくまでも一例として参考にしてもらえればと思います!

 

現地採用と一言で言っても、お金事情はさまざまなケースが考えられます。

 

お金に対する不安はあるか?

 

本記事を読んでくれている方は、現地採用として働いてみたいけど、お金に対する漠然とした不安を持っているかもしれません。

インドネシア現地採用として2年間働いている僕個人の意見ですが、こんなふうに感じています。

 

自分ひとりだけの生活を考えるなら何不自由ないけど、結婚するのはちょっと躊躇ってしまう

 

というのも、奥さん・子どもと生活していける自信がありません。

例えば、家族の生活費・子どもの学費・病気や事故などに備えたお金など、今の生活から想像すると、ちょっと大変かな・・・と思ったりもします。

 

Tatsu04a
今の時代は夫婦共働きが普通とも言いますが、インドネシアでは一馬力の家庭も多いです。現地女性と結婚した場合、家族全員の生活を支えていけるのか不安はありますね😌

 

現地採用はオススメできるか?

 

お金に対する不安を考慮しても、僕は現地採用という働き方を選んで良かったなと思います。

 

僕は日本での社会人経験が1年しかなく、海外移住という大きな決断を20代の時にしました。

専門知識も仕事も語学も、何のスキルも持ってないまま、今の会社に拾っていただきました。

 

日本とは大きく異なる環境下で生活していくなかで、得られるものは貴重な財産になると信じています。

何もない僕を雇ってくれた会社で一生懸命働き、大きな利益を生み出して、今の会社に貢献して行きたいですね😊

 

さいごに:インドネシア就職を検討中の方へ

 

インドネシアでの就職を考えている方へ、オススメの転職サイトを紹介させてください。

 

僕は日本の会社で働きながら、下記の転職サイトに登録して、エージェントの方と面談を進めていきました。

2020年1月当時、僕は3週間ほどで内定をいただくことができました。

エージェントの方に、履歴書の添削やオススメ求人情報の紹介、面接の練習など、様々なサポートを無料でしていただいた結果ですね。

 

 

僕の当時のスペックは、「日本での社会人経験1年未満・語学力ゼロ・専門知識なし」という絶望的な状況でした。

そんな僕が内定をいただけるまでの流れとポイントを、下記の記事で紹介しておりますので、こちらも合わせてご覧ください!

 

 

僕のブログでは「現地採用の働き方やお金事情」「インドネシアの旅行情報」も豊富に書いています。

気になる方は、記事上部にある「現地採用」「海外旅行」などのタブをクリックしてみてください。

 

それでは、本記事はここまでにします。ありがとうございました。

 

関連コンテンツ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Tatsu04a

インドネシア在住の20代|インドネシアの雰囲気が好きで、趣味はバイクぶらり旅。観光地だけでなく、身近な魅力を日々探しています。

-現地採用
-,

Copyright© Tatsu04a , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.