歯列矯正

【Part31】インドネシアで歯列矯正してみた|第21回装置調整日

2022年10月29日

 

本記事は、第21回歯列矯正の調整についてです。

 

2020年7月10日:予約を入れる

2020年8月1日:初診

2020年8月9日:抜歯 

2020年8月15日:矯正器具の装着

2020年9月12日:矯正生活と第1回矯正装置の調整

2020年10月10日:第2回矯正装置の調整 

2020年11月14日:第3回矯正装置の調整

2020年12月12日:第4回矯正装置の調整

2021年1月16日:第5回矯正装置の調整

2021年2月20日:第6回矯正装置の調整

2021年3月27日:第7回矯正装置の調整 

2021年4月9日:歯茎の後退と治療について

2021年4月25日:第8回矯正装置の調整 

2021年5月29日:第9回矯正装置の調整 

2021年6月26日:第10回矯正装置の調整 

2021年7月2日:歯茎の後退と治療について2

2021年7月31日:第11回矯正装置の調整

2021年8月21日:第12回矯正装置の調整 

2021年10月23日:第13回矯正装置の調整

2021年11月20日:第14回矯正装置の調整 

2021年12月18日:第15回矯正装置の調整 

2022年1月22日:第16回矯正装置の調整

2022年2月26日:第17回矯正装置の調整 

2022年3月13日:歯茎の後退と治療について3

2022年4月2日:第18回矯正装置の調整

2022年4月9日:歯茎の後退と治療について4

2022年5月14日:第19回矯正装置の調整

2022年6月25日:第20回矯正装置の調整

2022年6月26日:歯茎の後退と治療について5

2022年8月6日:歯茎の後退と治療について6

2022年10月1日:歯茎の後退と治療について7 

2022年10月29日:第21回矯正装置の調整 ← 本記事

 

 

第21回矯正装置の調整

 

 

4ヶ月ぶりの矯正装置の調整です。

下の歯茎の状態悪化のため、矯正治療を中止していました。

まだ下の抜歯跡が埋まっておらず、今日の調整からようやく抜歯跡を埋める作業に入りました。

 

Tatsu04a
下の歯茎の状態は改善されてませんが、矯正治療の継続可と診断され、4ヶ月ぶりの再開となりました!

 

治療中止期間中は、矯正装置はついたままですが、歯を動かす調整はできないので、歯並びに変化はありませんでした。

現在は下の歯の3番と4番にバンド?のようなものが付き、4番を3番側に引っ張っていくそうです。

 

 

ゴム掛けも再開し、上の犬歯と下の奥歯に左右1つずつゴム掛けをしています。

 

 

歯並びの変化(写真あり)

 

閲覧注意!

歯並びの変化を写真で載せていきます。

 

<上の歯並び>

【2020年8月15日:矯正初日】

 

【2020年9月12日】

 

【2020年10月10日】

 

【2020年11月14日】

 

【2020年12月12日】

 

【2021年1月17日】

 

【2021年2月20日】

 

【2021年3月27日】

 

【2021年4月24日】

 

【2021年5月29日】

 

【2021年6月26日】

 

【2021年7月31日】

 

【2021年8月21日】

 

【2021年10月23日】

 

【2021年11月20日】

 

【2021年12月18日】

 

【2022年1月22日】

 

【2022年2月26日】

 

【2022年4月2日】

 

【2022年5月14日】

 

【2022年6月25日】

 

【2022年10月29日】

 

<下の歯並び>

【2020年8月15日:矯正初日】

 

【2020年9月12日】

 

【2020年10月10日】

 

【2020年11月14日】

 

【2020年12月12日】

 

【2021年1月17日】

 

【2021年2月20日】

 

【2021年3月27日】

 

【2021年4月24日】

 

【2021年5月29日】

 

【2021年6月26日】

 

【2021年7月31日】

 

【2021年8月21日】

 

【2021年10月23日】

 

【2021年11月20日】

 

【2021年12月18日】

 

【2022年1月22日】

 

【2022年2月26日】

 

【2022年4月2日】

 

【2022年5月14日】

 

【2022年6月25日】

 

【2022年10月29日】

 

検診費用

 

矯正装置の調整に関する費用は、以下の通りです。

 

Audy Dental Bekasi(計5,160円)

・装置調整:Rp. 320.000(2,560円)

・ゴム掛け用ゴムの購入(Elastic Chain):Rp. 85.000(680円)

・ワイヤー交換(下の歯のみ):Rp. 120.000(960円)

・外れた矯正装置1つの装着直し:Rp. 55.000(440円)

・その他(Administrasi):Rp. 65.000(520円)

累計:Rp. 34.475.000 (275,800円)

1ルピア = 0.008円として計算 

 

通常の矯正装置の調整(1ヶ月に1回)に加え、矯正治療中は歯茎後退など、色々な問題が出てきますね。そのたびに時間とお金がかかります😅

歯列矯正を始めてすでに2年以上が経過しましたが、累計30万円を超えるかもしれません。

 

まとめ

 

今回の内容をまとめると、以下のとおりです。

 

・下の歯茎後退の影響で、4ヶ月ぶりの矯正治療再開となった。

・歯並び・噛み合わせはほぼ完成。残す課題は抜歯跡を埋めること。

 

歯列矯正は矯正装置の調整だけでなく、歯茎後退も含めた口腔内のトラブルが起きたらすぐに対応できるのがいいですね。

歯列矯正を始める前、10年くらい歯医者に通ってなかったんですが、定期検診はやっぱり大事ですね。矯正が終わってからも定期的に歯医者に通おうと思いました。

 

Tatsu04a
歯並びも歯肉後退もしっかり治療して、理想的な口元を手に入れたいです☺️

 

 

 

【Part32】インドネシアで歯列矯正してみた|第22回装置調整日

続きを見る

 

関連コンテンツ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-歯列矯正
-, , , , , , , , , ,

Copyright© Tatsu04a , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.