歯列矯正

【Part27】インドネシアで歯列矯正してみた|第20回装置調整日

 

本記事は、第20回歯列矯正の調整についてです。

 

2020年7月10日:予約を入れる

2020年8月1日:初診

2020年8月9日:抜歯 

2020年8月15日:矯正器具の装着

2020年9月12日:矯正生活と第1回矯正装置の調整

2020年10月10日:第2回矯正装置の調整 

2020年11月14日:第3回矯正装置の調整

2020年12月12日:第4回矯正装置の調整

2021年1月16日:第5回矯正装置の調整

2021年2月20日:第6回矯正装置の調整

2021年3月27日:第7回矯正装置の調整 

2021年4月9日:歯茎の後退と治療について

2021年4月25日:第8回矯正装置の調整 

2021年5月29日:第9回矯正装置の調整 

2021年6月26日:第10回矯正装置の調整 

2021年7月2日:歯茎の後退と治療について2

2021年7月31日:第11回矯正装置の調整

2021年8月21日:第12回矯正装置の調整 

2021年10月23日:第13回矯正装置の調整

2021年11月20日:第14回矯正装置の調整 

2021年12月18日:第15回矯正装置の調整 

2022年1月22日:第16回矯正装置の調整

2022年2月26日:第17回矯正装置の調整 

2022年3月13日:歯茎の後退と治療について3

2022年4月2日:第18回矯正装置の調整

2022年4月9日:歯茎の後退と治療について4

2022年5月14日:第19回矯正装置の調整

2022年6月25日:第20回矯正装置の調整 ← 本記事

 

 

第20回矯正装置の調整

 

 

歯並びはだいぶ綺麗になりました。

下の抜歯後がまだ残っているので、引き続き隙間を埋めていきます。

 

 

ただし、抜歯後を埋める作業は、下の歯茎後退が気になることから一時中断になりました。

後日、歯茎検診するので、その検診結果を得てから治療再開です。

 

歯並びの変化(写真あり)

 

閲覧注意!

歯並びの変化を写真で載せていきます。

 

<上の歯並び>

【2020年8月15日:矯正初日】

 

【2020年9月12日】

 

【2020年10月10日】

 

【2020年11月14日】

 

【2020年12月12日】

 

【2021年1月17日】

 

【2021年2月20日】

 

【2021年3月27日】

 

【2021年4月24日】

 

【2021年5月29日】

 

【2021年6月26日】

 

【2021年7月31日】

 

【2021年8月21日】

 

【2021年10月23日】

 

【2021年11月20日】

 

【2021年12月18日】

 

【2022年1月22日】

 

【2022年2月26日】

 

【2022年4月2日】

 

【2022年5月14日】

 

【2022年6月25日】

 

<下の歯並び>

【2020年8月15日:矯正初日】

 

【2020年9月12日】

 

【2020年10月10日】

 

【2020年11月14日】

 

【2020年12月12日】

 

【2021年1月17日】

 

【2021年2月20日】

 

【2021年3月27日】

 

【2021年4月24日】

 

【2021年5月29日】

 

【2021年6月26日】

 

【2021年7月31日】

 

【2021年8月21日】

 

【2021年10月23日】

 

【2021年11月20日】

 

【2021年12月18日】

 

【2022年1月22日】

 

【2022年2月26日】

 

【2022年4月2日】

 

【2022年5月14日】

 

【2022年6月25日】

 

歯並びは綺麗になってきたので、後は「下の抜歯後をなくす」「正中線を揃える」のが課題になりそうです。

下の歯茎後退も改善はしてないので、後日検査をすることになっています。

 

検診費用

 

矯正装置の調整に関する費用は、以下の通りです。

 

Audy Dental Bekasi(計259,680円)

・装置調整:Rp. 320.000(2,560円)

・ゴム掛け用ゴムの購入(Elastic Chain):Rp. 170.000(1,360円)

・その他(Administrasi):Rp. 65.000(520円)

累計(計255,240円)

1ルピア = 0.008円として計算 

 

まとめ

 

今回の内容をまとめると、以下のとおりです。

 

・歯並び・噛み合わせはほぼ完成。残す課題は抜歯跡を埋めること。

・抜歯後を埋める作業は一時中断。下の歯茎の状態を確認してからの判断となる。

 

2022年の間に矯正治療が終わると嬉しいのですが・・・

まずは下の歯茎の状態を診てもらってからですね!

 

 

 

【Part28】インドネシアで歯列矯正してみた|歯茎の後退と治療について5

続きを見る

 

関連コンテンツ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-歯列矯正
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© Tatsu04a , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.