プロフィール

 

2019年5月からブログを始めました。理系大学院修士 → 一部上場企業 → 1年で退職 → インドネシア現地採用。雑記ブログには海外生活や旅行、転職、ブラック企業、ブログ運営など、様々なジャンルで記事を書いています。最高月間PVは28,973、月間収益は5桁達成。将来の夢は、南の島でのんびり生きていくことです。

 

プロフィールの詳細

お問い合わせ

プライバシーポリシー

インドネシア 歯列矯正 海外

【Part1】インドネシアで歯列矯正してみた|予約から初診の流れ

2020年8月20日

 

こんにちは、Tatsu04a(@tatsu04a)です。

2020年8月15日、インドネシアで歯列矯正を開始しました。

海外での歯列矯正は不安も多いと思うので、どのような流れで治療が始まるのか、説明していきます。

 

Tatsu04a
僕は英語もインドネシア語も苦手ですが、それでも矯正治療を始めることができたので、言語に不安がある方へ向けてアドバイスも書いていきます

 

矯正歯科を探して、予約する

 

 

最初のステップは、矯正治療を行っている矯正歯科を見つけることです。

 

慣れない海外で、どうやって矯正歯科を探せばいいの?
クチン
Tatsu04a
僕はGoogle Mapで探しました

 

矯正歯科に関する用語をGoogle Mapで検索しました。英語なら「Braces」、インドネシア語なら「Behel」などですね。

出てきた矯正歯科の評判を見て、評価が高いところをネット検索にかけました。いくつか候補があったのですが、僕は以下のポイントを重視しました。

 

✔︎ HPが見やすい

✔︎ 家から通いやすい

✔︎ SNSで積極的に情報発信している

 

僕が選んだ矯正歯科は Audy Dental Bekasi です。

HPも見やすく、家から通いやすく、Instagramで積極的に情報発信していることが決め手となりました。

そして、WhatsAppというメッセンジャーアプリ(LINEと似てます)で予約できるところも良かったです。言語が苦手な僕にとって、予約が電話のみだとハードルが高すぎるので・・・

 

7/10(金)に矯正治療をしたいとの内容を伝え、8/1(土)に予約を入れることができました。

 

初診日

 

 

ドキドキしながら矯正歯科に向かいました。

言語が苦手な僕は、あらかじめ矯正治療の流れを頭に入れておきました。外国語で説明されても全て理解することは、僕の言語力では困難なので、事前知識で乗り切る作戦です。

とはいえ、少しでも重要な単語だけ覚えておくと役立ちます。

 

矯正治療で覚えておくべきインドネシア語

・behel 歯列矯正器具

・cabut (歯を)抜く

・kumur うがい

・buka (口を)開ける

・gigit 噛む

 

本当はもっと知っておくべきですが、僕はこれくらいしか覚えられませんでした。

 

そして、矯正歯科に到着したら、受付で名前を伝えます。

名前を伝えたら、渡された紙に住所や名前を書いたり、サインしたり、コロナウイルスの感染リスクに関するアンケートに答えたりしました。

 

その後しばらく待機していると名前が呼ばれ、コロナウイルス対策のビニールの服と手袋を装着して、診察室へと向かいます。

初診日の治療の流れは、以下の通りでした。

 

1.  歯の現状の確認

2.  歯の掃除

3.  歯形をとる

4.  今後の治療方針の説明

5.  次回の予約(抜歯)

6.  (別の場所で)歯のレントゲン写真を撮る

 

【4.  今後の治療方針の説明】では、僕の場合、下の歯4番(第一小臼歯)を2本抜く必要があるとのことでした。

 

【5. 次回の予約(抜歯)】では、診察終了後、受付で抜歯の必要があるので次回の予約をしたいと伝えたところ、8/9(日)にその場で予約を取りました。

 

【6.  (別の場所で)レントゲン写真を撮る】では、PARAHITA DIAGNOSTIC CENTER という場所で歯のレントゲン写真を撮りました(同日)。矯正歯科の先生からいただく、撮影項目が書かれた紙を持っていきます。タクシーで20分ほどの距離でした。

 

費用

 

 

気になる費用は、以下の通りです。

 

Audy Dental Bekasi(計9,080円)

・矯正相談費用:Rp. 500.000(4,000円)

・歯の点検・掃除:Rp. 500.000(4,000円)

・初診料:Rp. 50.000(400円)

・コロナウイルス対策費:Rp. 85.000(680円)

PARAHITA DIAGNOSTIC CENTER(計4,800円)

・歯のレントゲン撮影2枚:Rp. 600.000(4,800円)

 

日本と比べて、この値段はどうでしょうか?

僕は思ったより高いな・・・と感じましたが、インドネシアの矯正装置は日本より安いと聞くので、ここは致し方ない出費ですね。

 

まとめ

 

矯正歯科の探し方から予約、初診の流れ、費用までをまとめました。

 

海外の矯正治療って、すごく不安ですよね。医療事情が日本と違うし、言語の壁も大きいです。

インドネシアを含む海外で矯正治療を考えている方に、少しでも参考になれば幸いです。

 

Part2. は抜歯についてまとめています。

今後、矯正治療について定期的に更新していきますので、興味のある方はぜひご覧ください。

 

 

関連コンテンツ

-インドネシア, 歯列矯正, 海外
-, , , , ,

Copyright© Tatsu04a , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.