プロフィール

 

2019年5月からブログを始めました。理系大学院修士 → 一部上場企業 → 1年で退職 → インドネシア現地採用。雑記ブログには海外生活や旅行、転職、ブラック企業、ブログ運営など、様々なジャンルで記事を書いています。最高月間PVは28,973、月間収益は5桁達成。将来の夢は、南の島でのんびり生きていくことです。

 

プロフィールの詳細

お問い合わせ

プライバシーポリシー

インドネシア 一人暮らし 海外 生活

【東南アジアは月5万円で住める?】僕のインドネシアの生活費をもとに検討してみた

2020年5月23日

 

日本のストレス社会で生きていくのに疲れた・・・東南アジアは月5万円で住めるって聞くし、移住しようかな

 

東南アジアは月5万円で生活できると言うセリフ、一度は聞いたことがあるでしょう。

東南アジアに来たことがない日本人のイメージは、こんな感じだと思います。

 

東南アジアは貧しくて生活費も超格安

ちょっとお金を払えばジム・プール付きのアパートに住めて、豪華な食事にありつける

 

間違ってるとも言いにくいのですが、全て正しいわけではありません。

本記事では東南アジアは本当に月5万円で生活できるのか、僕のインドネシアでの生活費をもとに検証します。

 

Tatsu04a
ちなみに僕はインドネシアで現地採用として働いています。東南アジアの現地採用だと、これくらいの生活水準になるんだなと参考にしていただければと思います

 

それでは、説明していきますね。

 

【結論】東南アジアは月5万円で生活できません

 

 

いきなり結論から書きます。東南アジアでは月5万円で生活できません。

正確に言うと、日本でずっと育ってきた人がいきなり東南アジアで月5万円生活は現実的ではありません。

 

でも現地の人の給料は月5万円以下の場合も多いよね?だったら月5万円で生活できそうじゃない?
Tatsu04a
確かにその通りなんですが、日本での生活に慣れている人が東南アジアのローカルの暮らしをしていくのは現実的ではありません

 

自分は絶対大丈夫!お腹強いし、小さいことは気にしないし、どこでもやっていける!

と考えている方もいるでしょう。それは本当ですか?月5万円ってこんな生活ですよ?

 

・食事は屋台料理が中心(衛生面に不安あり)

・住居は格安で、エアコンがない場合も

・虫がいっぱい出るし、トイレットペーパー流せないし、お風呂とトイレのクオリティーは使用するのをためらうレベルのことも

・飲み物は水のみ。水道水は飲めないので、ミネラルウォーターを都度購入

 

このような理由で、僕は日本人が東南アジアで月5万円生活するのは現実的ではないと考えています。

続いて、インドネシアで暮らす僕の生活費を紹介します。

 

インドネシアでの生活費

 

 

インドネシアでかかる生活費としては、月57,800円でした。

ただし、僕の場合は住居費(月5万円)、水道光熱費、交通費が支給されているので、この金額です。

 

Tatsu04a
もし住居費が支給されなかったら、もっと安いところを自分で探していましたし、食費に月4万円も使いません。それでも月5万円で生活するのは無理だなと感じています

 

さらにいうと言葉が全くわからない状態だと、ローカルのバスに乗るのも難しいでしょう。遠くに移動する時に毎回タクシーを使っていては、月5万円生活はどんどん厳しくなってきます。

これが東南アジア、少なくともインドネシア生活の現実です。結構お金かかります。

 

インドネシア以外の東南アジア各国の生活費

 

 

コチラの記事を見ると、生活費が月5万円を切る都市はほぼありません。

アセアンで生活費/物価が高い都市トップ15【東南アジア/ASEAN】

 

強いて言うなら、各国の田舎で生活すればさらに生活費が抑えられるかもしれませんが、言葉の壁や治安面、衛生面など不安が残ります。

ましてそう言う場所に日本人が行くと、かなり目立ちますからね。

 

物価安いって聞くから期待してたのに、意外と生活費高いんだね
Tatsu04a
東南アジアは急激な発展を遂げてますし、物価は年々上昇してますね。タイとかマレーシアって、発展途上国とは呼べないですよ
それじゃあ、生活費はいくらあれば十分かな?

 

東南アジアの生活費は月10万円です

 

 

色々な意見があるのは承知の上ですが、比較的ストレスが少なく、満足度を保ちつつ、生活するのに必要な金額は月10万円だと考えています。

これくらいの金額があれば、時々外食できますし、お菓子やコーヒー飲んだりもできますし、エアコン付きの物件で生活できるでしょう。ジム・プール付きは少し難しいですが、住居についても大きな不満はないはずです。

 

Tatsu04a
ただ生きていくだけじゃなくて、多少の楽しみがないと生活もしんどいですからね。ゆとりのある生活ができると言う意味で、月10万円にしました

 

あとは自分に合うかどうかが大事なので、一度現地に来ることをお勧めします。

肌感覚で合わないなと思ったら、辞めた方が良いですよ。やっぱり好きな国で生活しないと、ストレスたまります。

 

いくら物価が安いと言っても、自分に合わない場所で生きていくのは辛そう
Tatsu04a
現地で生活すると言うことは、現地のルールに従って生きていく必要がありますからね。好きな国でないとイライラが募る一方です

 

まとめ:月5万円では生活できません。月10万円でゆとりが持てます

 

 

東南アジアで生活するなら、月10万円ほどの生活費がかかると考えておきましょう。

それくらいあれば、比較的ゆとりのある生活が送れますよ。

後は肌感覚で自分に合う国で生活することが大事なので、一度現地に来てみるのがオススメです。

 

✔︎ 月5万円では生活できない

✔︎ 月10万円で(多少)ゆとりのある生活ができる

✔︎ 肌感覚で自分に合う国で生活する

 

Tatsu04a
本ブログではインドネシアで生活する僕が仕事、生活、旅行など様々なことを記事にしていますので、興味のある方はぜひ他の記事もご覧ください!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連コンテンツ

-インドネシア, 一人暮らし, 海外, 生活
-, , , ,

Copyright© Tatsu04a , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.