改宗

インドネシアでイスラム教徒(ムスリム)になるために改宗する方法

 

注意

この記事はまだ完成していません。記事執筆時点 (2023年1月14日)でイスラム教に改宗しましたが、まだ不明点が多いです。随時更新していきます。間違っている部分があればご指摘いただけると助かります。

 

本記事では、インドネシアでイスラム教に改宗するための手順を紹介します。

 

改宗証人にお願いする

 

改宗証人として男性が必要です。

日本人が改宗証人をお願いする相手としては、所属する組織のムスリムインドネシア人男性になるでしょうか。

 

Tatsu04a
改宗証人へは下記の情報と写真を事前に渡しておくと、当日の手続きがスムーズに進みます。

 

・名前

・生年月日

・生誕場所

・パスポート番号

・現在の宗教

・現在の住所

・ムスリムネーム

・モスク管理用の写真(履歴書に使うような写真)

 

改宗証人と日時と場所(モスク)を決めれば、後は当日まで待ちます。

 

改宗当日

 

改宗当日はモスクへ行き、書類に記入→シャハーダ (信仰告白)を唱える→イスラム教徒へ といった流れです。

モスクに着いてから改宗までは約1時間ほどでした。

 

Tatsu04a
書類は英語で書かれていますが、言語はインドネシア語でのやりとりです。改宗証人が英語・日本語ができる場合は大変心強いです。というのも、当日使われるインドネシア語は結構難しく感じました😅

 

僕はインドネシア人と日本人1人ずつ、改宗証人としてサポートしてくれたので、なんとか手続きすることができました。

ちなみに、モスクの建物へ入るには色々なルールがあるのですが、下記記事が分かりやすかったので共有します。

 

 

 

上記手続きを終えると、入信証明書がもらえます。

イスラム教徒との結婚やハッジ (巡礼) などで必要になります。

 

 

 

Tatsu04a
ちなみに男性の場合、スナット (割礼) はしたか?と聞かれますので、事前に済ませておきましょう。

 

 

改宗当日の注意点

 

改宗の手続きで気を付けるべき点は、下記の通りです。

 

① 正装(長袖・長ズボン)で行く。

② 手続きをサポートしてくれた方々へのお礼として、お菓子など持っていく。

③ モスクへの寄付をする。

 

① は宗教施設へ入るので、正装して行かなければなりません。

僕はイスラム教徒が身に着ける服 (baju koko)と帽子 (peci)で行きました。

 

 

②・③は義務ではありませんが、やはりサポートしてくれた方々へのお礼はした方がいいと個人的に思います。

 

関連コンテンツ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Tatsu04a

インドネシア在住の20代|インドネシアの雰囲気が好きで、趣味はバイクぶらり旅。観光地だけでなく、身近な魅力を日々探しています。

-改宗
-, ,

Copyright© Tatsu04a , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.