歯列矯正

【Part11】インドネシアで歯列矯正してみた|歯茎の後退と治療について

2021年4月10日

 

本記事は、以下の記事のつづきです。

 

【Part10】インドネシアで歯列矯正してみた|第7回装置調整日

続きを見る

 

こんにちは、Tatsu04a(@tatsu04a)です。

2020年8月15日、インドネシアで歯列矯正を開始しました。

 

本記事は、歯茎の後退と治療についてです。

 

2020年7月10日:予約を入れる

2020年8月1日:初診

2020年8月9日:抜歯 

2020年8月15日:矯正器具の装着

2020年9月12日:矯正生活と第1回矯正装置の調整

2020年10月10日:第2回矯正装置の調整 

2020年11月14日:第3回矯正装置の調整

2020年12月12日:第4回矯正装置の調整

2021年1月16日:第5回矯正装置の調整

2021年2月20日:第6回矯正装置の調整

2021年3月27日:第7回矯正装置の調整

2021年4月9日:歯茎の後退と治療について ← 本記事の内容

 

歯茎の後退

 

前回の矯正装置の調整のときに、下の歯茎後退を指摘されました。

僕も少し気になっていましたが、矯正を始める以前からブラッシングが強いせいか、後退していました。

良い機会なので、歯茎の状態を確認してもらい、どのような治療が必要になるのか教えてもらいます。

 

【2021年4月9日:下の歯茎の現状】

 

【診察結果】歯茎後退はしているが、治療は矯正が終わってから

 

レントゲン撮影をして歯茎の状態を確認してもらったところ、歯茎後退しているとのこと😱

しかし、すぐに治療が必要な状態ではなく、歯茎後退の治療は歯列矯正が終わってから始めるそうです。

半年に一回のペースで定期検診をして、異常がないか確認していきます。治療薬なども処方されませんでした。

 

 

検診費用

 

 

歯茎検診に関する費用は、以下の通りです。

 

Audy Dental Bekasi(計4,120円)

・レントゲン撮影:Rp. 125.000(1,000円)

・相談費(konsultasi Lengkap):Rp. 300.000(2,400円)

・コロナウイルス対策費:Rp. 55.000(440円)

・その他(Administrasi):Rp. 35.000(280円)

累計(計182,896円)

*1ルピア = 0.008円として計算 

 

通常の矯正装置の調整(1ヶ月に1回)に加え、今回のようなトラブル?が起きると時間とお金がかかりますね😅

結果的には歯茎後退はしているが、すぐに治療を進めていく必要がないとのことだったので、半年に一回のペースで検査するだけでOKみたいです。

矯正治療が終わった後、治療を進めていくことになりました。まずは歯並びを綺麗に整えていきます。

 

Tatsu04a
歯茎後退の件は昔から気になっていたので、とりあえず安心しました!

 

まとめ

 

今回の内容をまとめると、以下のとおりです。

 

✔ 歯茎後退しているが、すぐに治療は必要ない

✔ 治療は歯列矯正が終わってから

✔ 歯茎の定期検診は半年に一回

 

とりあえず歯茎後退が大きな問題になっていないようで、まずは安心しました。

ただし、歯茎後退の原因の一つと思われるブラッシングの強さは気をつけようと思います。

歯列矯正は矯正装置の調整だけでなく、歯茎後退も含めた口腔内のトラブルが起きたらすぐに対応できるのがいいですね。

歯列矯正を始める前、10年くらい歯医者に通ってなかったんですが、定期検診はやっぱり大事ですね。矯正が終わってからも定期的に歯医者に通おうと思いました。

 

【Part12】インドネシアで歯列矯正してみた|第8回装置調整日

続きを見る

 

関連コンテンツ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Tatsu04a

インドネシアの雰囲気が好きで、勢い余って移住した20代|写真を撮るのが好きで、インドネシアの美しい風景を探し求めています。将来的にはバイクを買って、穴場観光スポットの開拓をしていく予定です! 【訪問済】バリ島、ジョグジャカルタ、バンドン、プンチャック、ボゴールなど 【ブログ】主にインドネシアの生活・暮らし、観光などを記事にしています。

-歯列矯正
-, , , , , , , , , ,

Copyright© Tatsu04a , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.