プロフィール

 

2019年5月からブログを始めました。理系大学院修士 → 一部上場企業 → 1年で退職 → インドネシア現地採用。雑記ブログには海外生活や旅行、転職、ブラック企業、ブログ運営など、様々なジャンルで記事を書いています。最高月間PVは28,973、月間収益は5桁達成。将来の夢は、南の島でのんびり生きていくことです。

 

プロフィールの詳細

お問い合わせ

プライバシーポリシー

生活

【疲れを残さない】睡眠は超重要!快眠するために必要な条件とは

2020年7月20日

 

こんにちは、Tatsu04a(@tatsu04a)です。

 

ベッドに入ったら10分で寝れます。

寝つきはいい方です。

 

さて、先日に下記のツイートをしました。

 

 

寝れれば何でもいいと思ってるなら、大きな勘違いです。

快眠を目指して、日々の疲れを確実に取り除きましょう。

 

【快眠のコツ】僕は10分で寝付けます

 

 

僕はいつも、10分で寝付けます。

睡眠データをとり始めたのですが、睡眠効率も高いですね。

 

なかなか寝付けなくて、ベッドに入ったら1時間経ってることも多いんだよね
クチン
Tatsu04a
僕も昔、全く寝付けませんでした。でも安心してください。コツがあります。

 

スムーズに寝付くためのコツは、いろいろ紹介されていますね。

個人的にオススメの方法は「ベッドでスマホを見ない」ことです。

 

これは本当にオススメです。というのも、ベッドでスマホ見てると、眠くなりにくいですよね。Youtube見てると楽しいし、SNS見てるとコメントとか気になりますよね。だから、見ないのが一番いいです。

 

僕は大学生の時からの習慣で、ベッドに入ったらスマホを見る生活を何年も続けていました。

なので、なかなか改善することができませんでした。ベッドで目を瞑るだけなのが暇に感じて、ついついYoutubeを見てました。

 

Tatsu04a
大学生の時は時間がいっぱいあったので、それでも良かったんです。でも社会人になってから、朝起きる時間が固定なので、毎日寝不足でした。体調が優れない状態が何日も続き、スムーズに寝るために、ベッドの中でスマホを使うのをやめました。

 

慣れないうちは、正直めっちゃ暇です。

でも、何もせず目を瞑ってると、いつの間にか眠くなってきます。

僕はいつの間にか、ベッドに入って10分もすれば寝れるようになっていましたよ。

 

【寝る前にやること2つ】寝る準備を忘れない

 

 

快眠のためには、寝るための準備が欠かせません。

冒頭のツイートを繰り返しますが、寝るための準備は以下の2つ。

 

✔︎ お風呂入る

✔︎ ベッド or 布団で寝る

 

この2つについて、説明していきますね。

 

お風呂入る

 

お風呂は 朝派 vs 夜派 に別れますよね。海外では朝派も多いと聞いたことがあります。

おそらく日本人の大半が、夜派ですよね。夜にお風呂に入ってから、寝る人が大半でしょう。

 

Tatsu04a
僕は夜にお風呂に入ることをオススメします。理由は下記の2つです。

 

・日本人の習慣に根付いてるから

・お風呂でサッパリしてから寝ると、気持ちいいから

 

これは、感覚的に納得してもらえると思います。

僕は1年に数回ほど、お風呂に入らず寝落ちしてしまうことがあります。

ただし、お風呂に入らずに寝ると、なんか熟睡できないんですよね。全身が気持ち悪い感覚がずっとします。

 

たしかに、飲み会の帰りとかで、そのまま寝ちゃったら気持ち悪い感覚が残るね
クチン
Tatsu04a
そうなんですよね。そういうときに限って、何度も目が覚めて、快眠とは程遠いですね

 

私たち日本人の習慣にもなっているので、お風呂は夜に入って、サッパリしてから寝ましょう。

 

ベッド or 布団で寝る

 

僕はいつもベッドで寝ていますが、たまに疲れ果てて、ソファで寝落ちすることがあります。

ソファで寝ると、腰とか首とか痛くなって、熟睡できません。

 

たまにソファで寝るけど、何度も目が覚めて、疲れが取れないままになるね
クチン
Tatsu04a
ベッドや布団は、寝るために最適化されているので、そちらで寝るべきですね

 

先日、すごく久々にソファで寝落ちしたのですが、やはり熟睡できませんでした。

やっぱり、寝るなら最適化されたベッドか布団に限ります。

 

毎日の疲れは、睡眠でしか取れません

 

 

毎日の疲れは睡眠でしか取れません。

忙しく働いている方にとって、毎日の睡眠効率をいかに高められるかが大事になってきます。

ここまでまとめると、快眠に必要な条件は以下の3つです。

 

✔︎ 快眠三箇条

✔︎ ベッドや布団に入ったら、スマホを見ない

✔︎ お風呂に入って、サッパリしてから寝る

✔︎ ソファではなく、寝るのに最適化されたベッドや布団で寝る

 

この3つを徹底するだけで、快眠することができるでしょう。

もしこの3つができていないなら、まずは取り入れてみてください。

 

睡眠不足が続いてたし、取り入れてみようかな
クチン
Tatsu04a
まずはやってみてください。寝不足の原因はいろいろあるので、まずはこの3つから、トライしてみましょう

 

毎日の快眠は、人生の質の向上に繋がります。理想的な快眠を目指しましょう!

 

それでは、本記事はここまでにします。

関連コンテンツ

-生活
-, , ,

Copyright© Tatsu04a , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.