プロフィール

 

2019年5月からブログを始めました。理系大学院修士 → 一部上場企業 → 1年で退職 → インドネシア現地採用。雑記ブログには海外生活や旅行、転職、ブラック企業、ブログ運営など、様々なジャンルで記事を書いています。最高月間PVは28,973、月間収益は5桁達成。将来の夢は、南の島でのんびり生きていくことです。

 

プロフィールの詳細

お問い合わせ

プライバシーポリシー

仕事

高圧的な態度をとる上司・先輩は会社にしか居場所がない【対処法・特徴・心理】

2019年11月9日

 

会社の上司・先輩で高圧的な人っていますよね?

人にモノを伝えるとき、高圧的になる必要性は全くないと思うのですが・・・

身近にいたら絶対に友達になりたくないタイプですが、仕事の関係上うまくやっていくしかありません。

今回は「高圧的な態度をとる上司・先輩は会社にしか居場所がないので、気にしなくてOK!」という内容で記事を進めていきます。

 

僕の周りにいる高圧的な上司・先輩の特徴

 

 

・そんなこともわからんと?

・ちょっと考えたらわかるやん

・なんて言うてるか全然わからへん

 

僕の周りにいる高圧的な上司・先輩がよく使う言葉です。

ご丁寧に「余計な一言」を必ず添えてきます。

そして意見を言おうとしても、その発言を遮られます。

一方的に押さえつけられ、有無を言わさない圧力をかけてきます。

なぜこのような人間になってしまったのでしょうか?

 

会社内での地位を絶対視している

 

 

高圧的な上司・先輩は、そこで何年・何十年と勤め上げてきた人たちです。

人によっては、人生で最も長くいる場所かもしれません。

そこで形成された会社内での地位を絶対視しています。

 

働き続けてきたという自負もあるでしょう。

自分が何か意見を言えば、部下は基本的に肯定しますし、従います。

自分の言うことは基本的に否定されない = 自分の意見は正しい

という図式が出来上がります。 

 

無言の圧力で意見を汲まないといけない

 

 

高圧的な上司・先輩は言葉だけでなく、無言の圧力をかけてきます。

「いちいち言わなくてもわかるだろ!」と言わんばかりの態度です。

何でも言うことを聞き、何も言わなくても自分の思い通りにしてくれる人間です。

 

そしてそれは仕事の場だけではなく、飲み会や社内行事の席でも要求されます。

仕事という枠の外でも、意見の汲み取りを求めてくるのです。

 

 

間違いを認めない

 

 

「それ前にも説明したやん?なんで何回も聞くと?」

 

これは僕がよく言われる言葉です。

もちろん、説明されてないから聞きにいってるのですが、覚えているわけもありません。

まだ説明されていない旨を伝えると、「絶対言ったやん?」と否定されます。

理不尽だなと感じ、もう少し抵抗すると声を荒げてくることもあります。

会社内で否定されることがない上司・先輩は、自分の意見が間違っていると考えることができません。

 

高圧的な上司・先輩への対処法

 

高圧的な態度をとられると、怖くて萎縮してしまいますよね。

「絶対今日こそは理不尽なことを指摘するぞ!」と意気込んでいても、いざその圧力を目の前にすると戦意喪失します。

このような上司・先輩への対処法として、有効な手段を考えます。

 

傷ついた表情をする

 

 

高圧的な上司・先輩に対する理不尽な言われようで、怒りがこみあげているかもしれません。

しかし、ぐっとこらえて傷ついた表情をしてください。

言い過ぎたかな?と相手に思わせることができますし、その場での理不尽な言葉を止めることができます。

傷ついた表情を続けていくと、「あいつは気にしやすい性格なんだな」と周囲の人にも思ってもらえるので、責められにくくなります。

 

過剰に謝る・自分の非を認めまくる

 

 

過剰なまでに謝ったり、自分の非を認めまくる方法です。

これにより、相手に罪悪感を与えてみようという試みです。

僕が最近取り組んでいる方法を紹介します。

 

・「余計なことせんでよ」→ 「○○という考えでやったのですが、余計なことをしてしまい申し訳ありません。たしかに言われた通り、この作業はムダで余計なことでした。本当にすみません。」

・「ちゃんと言ってよ」→ 「事前に伝えていたのですが、うまく伝わってなかったようです。本当にすみません。余計な手間をかけてしまって、本当に申し訳ないです。すみません。」

 

ここまでいうと、「相手はそこまできつく言ってないけど・・・」という感じになります。

大事なことは、相手の余計な一言が人を傷つけていると自覚させることです。

 

高圧的な態度をとる上司・先輩は会社しか居場所がありません

 

 

高圧的な上司・先輩は、飲み会や社内行事が大好きです。

なぜなら会社の人間関係なら何でも言うことを聞いてくれるし、自分の意見は否定されないからです。

一方、そのような性格をしているため、会社外の人間関係は希薄です。

会社内しか居場所がないので、「この人は会社内の人間関係しかないんだな・・・かわいそうだから許してやるか」くらいの気持ちでいると気が楽です。

 

まとめ:気にする必要は全くありません。辛かったら辞めましょう!

 

過度に気にして精神を病む必要は全くありません。

高圧的な上司・先輩は基本凝り固まった考えをしているため、対処法も効果なしかもしれません。

そういった時は、退職するのも手です。

 

精神が崩壊するくらいなら、辞めちゃう方がいいですね。

上司ガチャ外したなくらいに考えるようにしましょう。

決して気にしているあなたが悪いわけではありません。

関連コンテンツ

-仕事
-, , , , , , ,

Copyright© Tatsu04a , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.