仕事

新入社員として働き始めて半年、社会人としての心境の変化【辛い・辞めたい】

投稿日:2019年10月10日 更新日:

 

新入社員として働き始めて半年が経ちました。

4月に入社してからあっという間に時間が過ぎ、半年経ったことに驚いています(笑)

社会人の仲間入りを果たしてから半年経った今、学生の時と違ってどういう心境の変化があったのか。

今感じていることを正直にそのまま話していきます。

 

はじめに

 

簡単に僕の自己紹介をさせてください。

 

自己紹介

 

☑ 地方国立大学院卒(農学専攻)

☑ 技術士一次試験を在学中(大学院2年時)に取得(森林部門)

☑   測量士補を在学中(大学院1年時)に取得

☑ 研究活動では投稿論文1本と学会発表1回、海外の研究室交流会で発表1回

 

研究室では研究にそこそこ力を入れていて、海外に3回調査に行かせてもらいました。

また、学会発表や投稿論文も精力的に取り組んでいたんじゃないかなと思います。

そのため、研究分野になるべく関係する会社に行きたいと強く思っていて、会社では技術士補と測量士補を将来的に取得する必要があると知り、在学中に取得しました。

 

・・・ここまで聞くと、かなり意識高く活動している学生に見えるでしょう。

その後、就活で熱く語った結果、第一志望の会社から内定を頂きました。

 

すべてがうまく行ったように思っていた、学生時代でした。

 

入社してから感じたギャップ

 

入社したてのころは、夢と希望にあふれていました。

しかし、実際に仕事が始まると、予想と全く違って驚きました。

辛いことが多くて、早くも辞めたいと感じるようになりました。

 

辛いこと・嫌なこと

 

☑ 残業が多い(最近だと毎日22時くらい)

☑ 残業代を少なめに申請するという暗黙のルールがある

☑ 飲み会が多い

☑   社内行事が多い

☑ 仕事にやりがい・面白さを見つけられない

 

圧倒的に残業が多い業界に入社してしまいました。

大手なら働き方改革が進んでいると考えるのは間違いなんですね。

「建設コンサルタント」は大手でも残業多すぎるということを知りました。

 

また、残業代は全額出ません。というか、全部申請しないよね?という恐ろしい雰囲気があります。

その圧力に屈して、僕は文句言われるか言われないかのスレスレのところで残業申請しています。

 

 

お酌をしたり接待をしたりするだけの飲み会社員同士の交流を深める行事なども多いです。

大手になると色んな人が入ったり辞めたり、協力会社の人が多かったりなので、

飲み会が必然的に多くなります。

僕が社会人向いてないなと感じるのは、飲み会が苦痛だと感じているからです。

転職して飲み会や社内行事が極力ない会社に行きたいです。

 

 

仕事にやりがいもありません。これは仕方ない部分もありますが、僕が配属された福岡は地方の拠点になりますので、どうしても人手が足りません。

そのため、専門性が磨けず雑用を押し付けられています

こんな環境で働いても、自分にプラスにならないなと毎日思っています。

 

今後のキャリア形成をどうするか

 

 

おそらく僕は、今の会社で働き続けることができません。

仕事を辞めたら、実家に帰って、実家から残業少なめの仕事をしようと計画中です。

給料は間違いなく下がるでしょうが、

心と身体を疲弊しまくって働いても、人生の幸福度は間違いなく低下するだけです。

 

社会人になって人生の幸福度は確実に低下している【つらい・疲れた・幸せとは】

  社会人のみなさんは、普段幸せを感じていますか? 僕は社会人になって6か月が経ちましたが、幸福度は日々低下していると感じています。 人生の幸福度が下がると、精神的にかなりしんどいですね。 ...

続きを見る

 

生活コストを落とすのに慣れていれば、少ないお金でも幸せになれると思います。

実家暮らしが結局最強ですよね。一人暮らし7年目にして、ようやく気付きました。

 

一人暮らし歴7年目の僕が実家暮らしをおすすめする理由【メリット・社会人・金銭感覚】

  社会人だし、そろそろ一人暮らししようかな~ 社会人になっても実家暮らしだと、モテないかな・・・   色々な理由で、一人暮らしに興味を持つ方は多いと思います。 一人暮らし歴7年目 ...

続きを見る

 

いい会社に入って、お給料をそこそこ貰って、家族を養って・・・という一般的な社会のレールから外れてしまうことに抵抗を感じていましたが、最近は人生を楽しむことに焦点を当てて生きていく方が大事だと感じてます。

 

みなさんも、無理せず幸せな生き方を追求していきましょう!

新入社員として半年働いた結果、社会人はこんなにも辛いんだと実感したというお話でした。

広告

広告

-仕事
-, , , , ,

Copyright© 新入社員Tatsuのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.