仕事 就活

【海外就職・転職】東南アジアの仕事はココで見つけよう!オススメ求人サイト2選

2020年1月12日

 

東南アジアで働きたい!

と考えている方は、一定数いると思います。

 

僕自身、東南アジアへはこれまでに5回訪れてまして、行くたびに

「将来は東南アジアで暮らしていきたいな〜」

という思いが強くなっています。

 

その理由として、以下のツイートをしました。

 

 

このツイートの通り、東南アジア就職で僕が求めてることは、次の通りなんですね。

 

✔︎ のんびりとした働き方

✔︎ お金 < 時間

 

僕は日本のブラック企業に勤務しており、

「働き方改革って何?」ていう環境で働いています。

 

そんな僕には、東南アジアのゆったりとした働き方が輝いて見えるんです。

「隣の芝は青い」とよく言いますし、その通りかもしれませんが、

人生一度きりだし、自己責任で好きなようにやってみたいですよね!

 

 

・・・しかし、このような悩みも出てきます。

 

Tatsu04a
そもそも海外の求人って、どうやって探すの?

 

その悩みを解決するべく、本記事では以下の内容を解説していきます。

 

✔︎ 東南アジアで働くために、インドネシアで働く僕が利用している求人サイトを紹介します!

 

内定獲得までの7ステップ

 

海外就職に至るまでの流れとして、こちらが基本になるかと思います。

 

① 海外求人サイトに登録

② 自己プロフィール・履歴書・職務経歴書などの作成

③ エージェントの担当者と面談

④ 興味のある会社に応募

⑤ 書類選考

⑥ 面接(複数回の場合も)

⑦ 内定

 

この流れを把握した上で、まず大切なのは海外求人サイトに登録することです。

どんな求人があるのか、どんなスキルや実績が求められているのか、などを把握しましょう。

 

オススメの海外求人サイト2つ

 

東南アジアで就職・転職したいと考えてはいるものの、不安はいっぱいありますね。

 

海外就職や留学経験がないから不安だな

語学力や特別な専門知識・技術がないけど、仕事あるのかな

 

東南アジアで働きたいけど、自分の能力や経験に自身がないから不安だという方は、

まずは求人サイトをチェックしてみましょう。

 

僕が実際に利用しているサイトは、以下の2つ※です。

 

カゴメアジア転職

RGF HR Agent(リクルートホールディングスの海外事業会社)

 

僕が上記サイトをオススメする理由は、次の2つです。

 

✔︎ スピード感のある対応

✔︎    丁寧な面談と手厚いサポート

 

1つずつ、解説していきますね。

 

スピード感のある対応

 

僕はまず、「カゴメアジア転職」に登録し、プロフィール欄の記入履歴書・職務経歴書のアップロードをしました。

結構しっかり記入した結果、「RGF HR Agent Indonesia」からスカウトメールが届いたので、「RGF HR Agent」にも登録しました。

 

僕はプロフィール欄の記入を終えてから3日ほどスカウトメールが届きました。

そしてスカウトメールを受け取ってから3日ほどで、最初の面談を行いました。

 

✔︎ 登録から面談までにかかる日数:1週間ほど

 

かなりスピード感のある対応をしていただけます。

僕は現時点(2020年1月12日時点)で2人の方と面談をし、明日も面談の予定が入っています。

 

丁寧な面談と手厚いサポート

 

面談では様々なことを聞かれますが、お話をしながら「あなたにオススメの求人」を紹介していただけます。

面談の内容は、このような感じです。事前に提出している履歴書・職務経歴書をベースに話が進みます。

 

✔︎ 東南アジア(僕の場合はインドネシア)で働きたい理由

✔︎ 現職を辞めたい理由 or 前職を辞めた理由

✔︎ 現時点での語学力はどの程度か

✔︎ 希望の業種と職種は何か

✔︎ 転職先に求める条件は何か(主に給与面)

✔︎ 希望勤務地はどこか(僕の場合はインドネシア国内のどの地域か)

 

そして、面談後、オススメの求人に応募を出していただけることになりました。

応募を通過したら面接を受けられることになっています。

 

海外転職サイトを利用する最大のメリットとしては・・・

 

✔︎ 海外就職の応募から面接までの手続きをやってくれる

 

海外就職を個人でやるのは難易度が高いし、ノースキルでいきなり応募しても難しいでしょう。

海外就職のプロを頼るのは、ものすごく重要だなと実感しました。

 

海外就職の内定獲得までの道

 

僕自身、RGF HR Agent でご紹介いただいた企業から内定をいただき、2020年4月1日からインドネシアで生活を始めました。

待遇は求人によって様々で、社会人経験年数や実績、語学力などに応じて決まっていきます。

 

採用可能性のある企業をピックアップしてもらえるので、興味のある企業があれば選考に進みます。

書類選考→面接(1回 or 複数回)という流れです。

面接は複数回ある場合も多く、最終面接は現地(会社のある国)で受けることもあります。

 

Tatsu04a
僕が最終的に入社した会社は、書類選考→面接2回(日本)という流れでした。当時仕事をしながら面接を受けていたので、現地に行くのは難しい旨を伝えました。

 

ここで気をつけていただきたいことが1点あります。それは・・・

 

✔︎ 書類選考でかなり落とされる

 

結構メンタルに来ますよ。

大学生の時はここまで落ちなかったのに・・・と感じる方もいると多いはずです。

 

※参考までに・・・

僕の内定獲得までの期間と選考通過率を紹介します。

・期間:3週間

・書類通過率:30%

・面接通過率:不明(面接は3社受けましたが、最初に内定いただいた会社に入社を決めたので、他社の面接結果がわかりません)

 

僕の場合はたまたま興味のある会社から早期に内定を頂けたので、サンプルがやや少ないです。

僕の社会人経験が1年しかないことも原因だったかもしれません。

 

当時リクルートの方に確認したところ、選考通過率は30%くらいだそうです。

なので、10社受けたら7社は落ちるんだなと、考えておいた方がいいですね。

 

面接で聞かれる内容

 

みなさんが最も気になるところだと思います。

RGF HR Agent では、書類選考通過後、面接の日程調整等してくれるのですが、その時に「面接で過去に聞かれた内容」の情報共有をしていただけます。

もちろん、毎回同じ質問が聞かれるとは限りませんが、事前に面接対策をする上で非常に役立ちます。

 

参考までに、僕が面接で聞かれた内容を共有します。

 

✔︎ なぜインドネシアで働きたいか

✔︎ なぜ弊社で働きたいか

✔︎ 語学力はどの程度か

✔︎ インドネシアに来たことはあるか

✔︎ 現在の仕事では何をやっているか

✔︎ 現在の仕事を弊社でどう活かせるか

✔︎ インドネシアの年金、保険などの制度は理解しているか

 

意外と見落としがちなのは、最後の質問です。

採用されたら長期で働くことになるので、事前に働きたい国の制度のことを知っておくことが大切ですね。

これは内定を獲得するため・・・というよりは、自分自身の生活に関わってくることなので、しっかりと調べた上で面接を受けることをオススメします。

 

採用後の流れ

 

採用されたら、企業の方と直接やりとりを進めていくことになります。

日本人が海外で働くためには、就労VISAの手続きや物件の確保など、やることは非常にたくさんあります。

企業の方もそれを見越して、様々な準備をしてくれるので、心配は不要だと思いますが、書類上の手続きでかなり労力を要します。

 

しかし、この忙しさを乗り越えた先に、海外就職という道が開けます。

後一踏ん張りなので、頑張りましょう!

広告

広告

-仕事, 就活
-, , , , , , , ,

Copyright© 新入社員Tatsuのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.