プロフィール

 

2019年5月からブログを始めました。理系大学院修士 → 一部上場企業 → 1年で退職 → インドネシア現地採用。雑記ブログには海外生活や旅行、転職、ブラック企業、ブログ運営など、様々なジャンルで記事を書いています。最高月間PVは28,973、月間収益は5桁達成。将来の夢は、南の島でのんびり生きていくことです。

 

プロフィールの詳細

お問い合わせ

プライバシーポリシー

メンタル

【未来は今から取り返そう】後悔ばかりの人生に終止符を

2020年7月7日

 

こんにちは、Tatsu04a(@tatsu04a)です。

僕は新卒入社した会社を1年で退職 → インドネシアに移住しました。

 

先日に、下記のツイートをしました。

 

 

いつも過去を悔やんでいる方へ。

今すぐ挑戦する重要性を、書きました。

 

過去を悔やんでいる人に、伝えたいこと

 

 

今すぐに、挑戦しましょう。

 

過去は戻りません

 

当たり前のことですが、過去は過去です。

後悔したところで、戻ってはきませんよね。

 

Tatsu04a
そんなことわかってるけど、成功している人を見ると羨ましいし、自分もあの時やっておけばと感じます

 

✔︎ どんなに悔いても過去は変わらない

下記をご覧ください。

 

どんなに悔いても過去は変わらない。どれほど心配したところで未来もどうなるものでもない。いま、現在に最善を尽くすことである。

※松下幸之助さんの名言(現パナソニック創業者)

 

松下幸之助さんの名言ですが、経営の神様とも言われる方のマインドが、ここに反映されています。

現パナソニックを一代で築き上げた方の名言なので、言葉の重みが違いますね。

 

結論として、過去を悔やんでも意味がないことがわかります。

過去を後悔ばかりしている成功者って、いないのかもしれませんね。

 

僕の人生も、後悔だらけでした

 

僕はこれまでに、何度も後悔ばかりしてきました。

 

・高校生の時「中学生の時から苦手な英語の勉強しておけば良かった」

・大学生の時「高校生の時、もっと受験勉強を本気でやれば良かった」

・社会人の今「膨大な時間を有意義に使えば良かった」

 

例えば、こんな感じです。

小さな後悔はたくさん探せますが、ありすぎるのでピックアップしました。

 

Tatsu04a
ほとんどの人が似たような後悔の経験があると思います。僕が例に出した後悔は、けっこう定番ですよね

 

未来を変えることはできます

 

そもそも、なんで過去を後悔するのでしょうか。

それは、何もしてこなかったからです。

 

「後悔先に立たず」という "ことわざ" にもあるように、過去を悔やんでもしょうがありません。

今行動すれば、未来の後悔を取り除くことができます。未来の後悔は今から取り返せるんです。

 

今、何か取り組みたいことがあるなら、すぐにやってみましょう。

そうしないと、過去を後悔するループから抜け出せませんよ。

 

Tatsu04a
あなたは今、大学生だとします。「海外旅行で東南アジアを周遊したいけど、アルバイトめんどくさいし、海外行くの怖いし、やめておこう」と考えてるなら、早速行動してください。成し遂げられなかったら、社会人になって後悔しまくるかもです

 

挑戦して失敗しても、後悔は少ない

 

「やる後悔よりやらない後悔」といいますよね。

何かやってみたいことがあるなら、すぐに挑戦しましょう。

 

僕は社会人になってから、ブログを始めました。最終目標は南の島でブログを書きながら生活することですが、まずは安定した副収入を目指しています。

大学生の時から興味あったのですが、挑戦せずに終わったので、コツコツ取り組んでいます。

 

莫大な借金を抱えるとかは良くないですが、だいたいの挑戦はリスク低いものが多いですよね。

仮に挑戦して失敗しても、ノーダメージだし、後悔は少ないはずです。

 

Tatsu04a
仮にブログで収益が得られずに終わっても「あのとき挑戦していれば、今ごろは副収入でウハウハだったかもしれないのに・・・」「ブログに費やした時間が無駄になった・・・」といった後悔は生まれません

 

挑戦して結果が残らなくても、経験やノウハウは残ります。

挑戦したものだけが得られる、特権ですね。これこそ大きな価値があります。

 

後悔ばかりの人生に終止符を打ちましょう

 

 

「過去は過去だから後悔してもしょうがない。後悔の未来は挑戦によって変えられる」

 

先ほど、このように書きました。かなり希望がありますよね。

なぜなら、後悔の未来は挑戦によって変えられるから。

 

しかし現実には「挑戦」することができない人が多いので、このあたりを解説します。

 

いきなり挑戦するのは、たぶん難しい

 

大学生の時に強く感じたのですが、有り余る時間を有効活用しようと思い、英語の勉強に挑戦していた時期がありました。

しかし、継続できなかったんですよね。それはなぜか。

 

英語の勉強をする意図を明確にしていなかったから

 

何となく挑戦しようと思っても、目的がハッキリしていないと継続は難しいです。

みなさんも経験ないでしょうか。

 

・就活のために、興味のないTOEICの勉強をする

・本当はやりたいことが別にあるが、将来に繋がらないので、今は資格の勉強をする

 

「就活のため」「将来のため」にTOEICや資格試験の勉強を頑張ることも大切です。

ただし、自分の本当にやりたいことでない場合、継続するのは難しくなります。

 

Tatsu04a
きっかけは就活でも、挑戦をきっかけに興味が出ることがあるので、まずはやってみましょう。なんか違うなと感じたら、また別の挑戦をすればOKです

 

挑戦する内容は、なんでもいいです

 

挑戦する内容は、将来に繋がることを意識しなくてOKです。

むしろ、将来のことを考えて挑戦する内容を決めると、本当にやりたいことを自分の中に封じ込めてしまうかもです。

 

仕事やこれまで学んできた内容と関連する分野から、挑戦する分野を探すのはわかります。

ただ、その分野はあなたの本当に好きなことですか。ここをしっかりと意識することが大切です。

 

僕は社会人になってから、挑戦してみたかった「ブログ」を始めました。

1年ちょっと継続していますが、まだ大きな成果は得られていません。

 

Tatsu04a
成果が得られていなくても後悔はしてないですし、これからも継続していくつもりです。やる後悔よりもやらない後悔ですね

 

みなさんも、後悔するのは今日までにして、新しいことに挑戦してみましょう。

それでは、本記事は以上にします。

関連コンテンツ

-メンタル
-, , , ,

Copyright© Tatsu04a , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.