はじめまして、新入社員のTatsuと申します。2019年4月から仕事のために福岡市博多区に住むことになりました。一人暮らし歴は7年目で、大学・大学院は他県で過ごしました。社会人になってからベランピングや部屋のインテリア等に興味を持ち始めたので、少しずつブログで発信していきたいと思います。

新入社員Tatsuのブログ

仕事

【朗報】社内行事の幹事をやって気づいた、若手だけではなく年配の方もめんどくさがっている

投稿日:

みなさんの働いてる会社には社内行事がありますか?

社内行事とは、花見、BBQ、忘年会、野球大会・・・などなど。

社内のコミュニケーションの交流の場として、一定の役割を果たしている行事です。

 

僕は先月、ビアパーティーの幹事をやりましたが、そこで思ったこと・気づいたことがあるので、以下にまとめました。

 

【朗報】若手だけではなく、年配の方も多くの人が社内行事をめんどくさがっていた!

 

ビアパーティーの幹事をやっていると、必ず出席確認をとります。

僕の会社はではGoogleのスプレッドシートで出席をとり、情報共有します。

乗り気でない人は出席欄を×にするか回答しないかのいずれかです。

 

幹事である以上、人数を確定させなければならないため、回答していない人に聞きに行きます。

そこで気が付いたことがあります。それは・・・

若い人だけではなく、年配の方でも社内行事に乗り気じゃない人が多いことです!

 

これにはびっくりしました。

僕は年配の方が社内行事が好きなので、若手の多くはいやいやながら幹事をさせられ、いやいやながら出席させられているのかと思っていました。

しかし、年配の方もめんどくさがっている方が多いんですね

 

でも、それだと1つ疑問が浮かんでくるかと思います。それは・・・

 

多くの人が嫌がる社内行事はなぜ毎年行われているのか?

 

不思議だと思いませんか?

なんで土日にお金がもらえるわけでもないのに(むしろ参加費用として数千円とられる)、会社の人に会ってぺこぺこする必要があるのでしょうか?

ただでさえ仕事が忙しいのに、幹事なんかで時間使ってる場合ではありません。

 

しかしながら、社内行事はなくなりません。なぜでしょうか?

僕なりに考えた結果、

 

□ 毎年行われる行事をやめると、説明責任が生じる。(言い出しっぺになりたくない)

□ 多くの人がめんどくさいと思っていても、それを口に出して行ってはいけない雰囲気がある。

□ みんなが我慢すれば毎年の社内行事を淡々とこなすだけでよいので、行事をやめるために使うエネルギーよりも楽。

 

良くも悪くも、日本人は周りの目を気にしすぎる文化ですよね。

それで治安が良好に保たれているところもあるでしょう。

しかし、周りの目を気にするあまり高度に秩序化された社会では、周りとの歩調を合わせないと村八分にされてしまいます。

 

今のゆとり世代は希望の星

 

僕は1994年のゆとり世代です。

巷では、最強のゆとり世代と言われているらしいです。

そんなゆとり世代の僕たちは、割と真面目に社内行事のような負の遺産を駆逐する希望の星ではないでしょうか?

 

僕たち若者世代は、SNSで多くの人と繋がっています。

SNSで「飲み会」「社内行事」と検索してみてください。

一定数、マイナスな意見が見受けられるかと思います。

 

つまり、一昔前までは情報伝達の手段がテレビや新聞、会話しかありませんでした。

当然、上司が飲み会をすると言えば飲み会に行きますし、BBQをやると言ったら準備させられますよね?

でも当時はそれが当たり前だとみんな思っていたのではないでしょうか?

 

ところが最近の若者は「出席しなくてもよい理由」を探していますし、そもそも「会社に忠誠を誓って社畜になるという精神」を持っていません。

つまり、これまで当たり前に行われてきたことをおかしいと発言できる場がありますし、会社に忠誠を使ってもいないのですぐに辞めるという選択肢をとる人も多いです。

 

今はまだ、少なくなってきたかもしれませんが、昔世代でかつ社内行事は当たり前にやるものである!という人が社内で上の方にいますよね。しかし、僕たちゆとり世代が上司になる年代のころには、少しずつ社内行事のようなイベントは衰退していくと予想します。

 

新社会人として思ったこと

 

今は時代の変わり目だと思っています。

若者と年配の方では大きく考え方が異なるが故に、色々なところでトラブルが起きています。

しかし、もう少しの辛抱でしょう。

少しずつ、時代は「社内行事に行きたくない」「飲み会なんて不要」「社内の人と土日にまで会いたくない」といった考え方が大多数を占めるようになると思います。

 

それまでは耐え忍びつつ、限界が来たら仕事を辞めるのも選択肢の一つです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tatsu04a

こんにちは! 新入社員のTatsuと申します。 2019年4月から福岡市博多区で生活を始めました。 大学・大学院と一人暮らしをしていたため、一人暮らし歴は7年目です。 このブログでは日々の出来事やお部屋・ベランダ作り・旅行などのことを書いていこうと思っています。 引っ越しにかかった費用等でお金がカツカツなので、ゆったりとしたペースでやっていくかと思いますが、よろしくお願いします!

-仕事
-, , , , , , ,

Copyright© 新入社員Tatsuのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.